声優業界用語『キュー』とは、もともとは英語の「Cue」からきています。「Cue」には「合図やきっかけを与える」などの意味があります。

ディレクターから声優に対して、台詞の出だしを伝える合図の言葉です。

3、2、1、と指折り数え「はいスタートです」の意味をこめて「キュー」と手で合図を送ったり、ランプなどを点灯させて知らせます。

ディレクターの声とかぶってしまってはいけませんので「キュー」と声に出して使用することは殆どありません。

打ち合わせなどで「ここでキューです。」と言われた場合には、その箇所から台詞や演技をはじめてくださいという事です。声優業界だけでなく、演劇やテレビ業界などの制作現場で頻繁に使われている言葉です。