声優用語でペーパーノイズは、台本をめくるときに、紙が折れたり擦れたりする時に雑音が発生してしまうのノイズのこと。当然、ペーパーノイズが発生すれば、そこで録音は止まってやり直しとなります。

声優がアニメやドラマの音声を入れるアフレコ現場では、台詞意外の音が録音されるのを嫌います。しかし、声優として仕事をしていくならば、ペーパーノイズを発生させずに、台本をめくる技術を習得していかなければいけません。

大事なのは、早く台本をめくろうとすれば、擦れたときの音が大きくなるのでゆっくりとめくることです。そのためには指を思うように動かすことが出来るかが鍵となります。

でも焦らず台本をめくるというのは簡単なことではありません。特に新人であれば、経験が少ないのでアフレコ現場で演技をするということにプレッシャーを感じてしまいます。また同じ作品に出演するベテラン声優に迷惑をかけていはいけないと考えると、余計に緊張してしまいがちです。

アフレコ現場での緊張を解きほぐすのは経験を積むしかありません。養成所など本番さながらの練習が出来るところで指導してもらえば、ある程度の余裕が出てきます。