声優業界用語の丸セとは、画面上にしゃべるタイミングになると出てくる吹き出しマークのことで、どちらかというとボールドと呼ぶ方が一般的です。

声優は動かない静止画で製作した仮フィルムを用いセリフ収録を行う際に、丸セの表示を頼りにセリフのタイミングをはかったり、尺をあわせたりします。

本来は映像が完成してからキャラの表情や動き、背景など絵から生まれる雰囲気にあわせたセリフを入れられるのですが、近年はアニメ制作スケージュールがタイトで映像が間に合わないため、セリフの口パクではなく丸セに合わせて収録するのが一般的となっています。