声優用語に赤線と呼ばれるものがあるのですが、これはセリフの長さに合わせて書かれた線のことを言います。

絵が完成された状態で声をあてる場合、登場人物の口の動きに合わせれば問題ないのですが、制作の都合上、ほとんど何も書かれていない状態でやらなければならないことがあるのです。この時に赤線の長さを目安にセリフを入れていくというわけです。

ちなみにキャラクターによって赤線だけでなく、青線、緑線、茶線などたくさんありますよ。