『アニメーション』とは、複数の静止した画像を撮影・連続して再生することによって動いているように見せる技術です。

通常は『アニメ』と呼ばれ、かつては手書きした透明なシートを重ねる技法が主流でしたが、パソコンの発展と主に、アニメーションの作成もパソコンでのデジタル製作が主流となりました。『アニメーション』の語源はラテン語の『アニマ(霊魂)』で、命を持たないものがあたかも生きているように動かすことからきています。