アフレコとは、アフターレコードの略で、すでに出来上がっている映像に合わせて声や音の収録を行うことを言い、俗称音入れとも言います。アフレコとは逆に、セリフや音を先に収録し、後からそれに合わせて絵を描いたりキャラを動かしたりするプレスコという技法もあり、これは主に人形劇やミュージカル、演奏などに用いられます。

毎週放送されるアニメなどでは、映像が出来上がっていないこともあり、その場合はセリフタイミングを見て収録したりします。