声優業界で使われている『ガムテ』という用語は、ガムテープの略です。

ガムテープは、舞台上で役者の立ち位置や小道具を置く場所に目印をつけるために使います。その目印自体のことは『ばみり』といいます。

舞台監督から命令されたアシスタントが目印として舞台に貼ることが多いです。ばみりがないと、役者はどこに立てばいいのかわからず、舞台が成立しなくなってしまいます。事前のリハーサルで目印の位置を把握しておくことで役者は本番で間違えることなく演技をすることができます。