サウンド終わりキッカケや相手のセリフキッカケなど、自分がセリフを言うタイミングを知るための合図の事を指します。

本番が始まったら、誰かの指示を仰ぐことなく、自然な流れで演じなければならないため、あらかじめここでセリフを発するタイミングというものが台本上に記載されているのです。スムーズな流れを演出するためには、自分の出だしが早くても遅くても物語が成立しません。そのため、呼吸を合わせるためにキッカケが必要になるのです。