一生懸命演じたとしても演出家などが修正点などの注文や注意をするが『ダメ出し』です。ある人には褒められても別の人にはNGを出されることもあって、これはプロの声優なら誰もが幾度か経験していることです。

基本的に声の質よりも声優として出来て当たり前の点、つまり50音の発音や濁音などが適当で疎かであるならば視聴者等に言葉の意味が伝わらないためダメ出しは出やすいものです。そこでプロの声優は出されたダメ出しに即時対応できるよう、声と表現のバリエーションを豊かに持っています。