アフレコの現場では、収録の前にテスト収録を行うことが一般的です。

レコーディングエンジニアによるマイクレベルなどの調整やディレクターによるテンション、声の出方などがチェックされています。

もちろん収録しているため、本番のテイクよりもテストのテイクの方が良かった場合は、こちらが採用されることもすくなくありません。 

そのため、本番を行う気持ちでしっかりと声を出すことが重要です。

ある程度収録が進むと、時間短縮のためにテスト本番という形でスピーディーに収録が進んでいきます。