吹き替えは実際に演技をしているお芝居のセリフを入れ替えることで、海外作品の映画やドラマなどの日本語版を作る際に行われるため、一般的にも広く知られている業界用語となっています。

吹き替えは役者の口パクに合わせて喋らなければならないことや、演技に合わせたテンションで行わなければならないため、高い技術を要します。

口パクは台本の言い回しや録音後にスピードを可変させることで修正が可能となりますが、テンションをマッチングさせるには演技の経験も必要となるでしょう。