マイクに空気が当たると「ボフッ」という低音のノイズが発生してしまいます。

アフレコの現場でこういったノイズが発生することを「吹く」と呼びます。

特にハ行、パ行の発音や吐息を出す時に発生しやすく、勢いを付ける時はマイクに空気が当たらないように顔の向きを変えることで発生を回避することができます。

また、マイクを少し高い位置に調整したり、ポップガードを使用することで空気の当たりを回避したり、収録後も低音域をカットすることでノイズを軽減できるなど、ある程度は収録技術でカバーは可能となります。