外郎売のもとは、歌舞伎に出てくる外郎売の長台詞です。

これは、早口言葉などが非常に多く続けて使われていて、声優やアナウンサーの、暗記や発声練習、滑舌の練習のために今は用いられています。

内容としては、外郎売りが、なんにでも効く薬を売るための口上になっていて、その薬の出どころと、効果を並べ立てたた末、この薬を飲むと、舌さえもうまく回るようになる、と言って、とても長く言いにくい早口言葉をスラスラと喋って、その薬の効果をお客様に示す。というものです。

動画