声優がマネジメントを行うプロダクションと契約し在籍することを指します。

主に「声」を必要とする制作会社やスポンサー、メーカーなどが必要に応じてプロダクションに発注をかけ、その発注内容に合う人材を斡旋するような形で仕事を行う為プロダクションの所属は必須となります。
多くはその上でオーディションが行われます。

また声優単体の売り方を提案し遂行していくことがマネジメント業務でありプロダクションがその部分を担っています。
プロダクションは事務所と名乗っているところもありますが内情は現在では変わりません。