新劇とは新しい演劇のことです。歌舞伎や能、狂言などの旧劇に対し、西欧の近代演劇に影響を受け、写実的でリアリズムを大切にするお芝居です。

新劇が生まれた明治時代の末期ごろ、そのころできた文芸協会や自由劇場などが中心となり、浄瑠璃などの日本古来の様式的な演技や芝居を否定し、リアリティあふれる脚本に忠実であり、リアリズムを追及する演劇の運動がおこりました。最近では新劇という場合、単にリアリズムを追及した現代劇という見方をする場合が多いようです。