キャラクターとしての声の演技を入れずに、台本に書かれた台詞を読んで行く事を指して言います。作品全体の流れや雰囲気を体感し、どのような演技に繋げるかを構築して行く事が主な目的となります。

また当然ながら本番以前に行われる事もあり、この段階で最終的な台詞の校正を行ったり、若干のニュアンスの変更が加えられる事も考えられる作業となります。従って素読みは準備の1つとして、重要な段階と捉えてしっかりと行われるものとなります。