舞台において、ステージの両端の部分は暗幕が張られており客側から見えないことが一般的となっています。

その見えない部分は着物に見立てて袖と呼ばれており、役者が待機していたり、小道具や暗転時などに設置する大道具セットなどが置かれています。

客席からみて右手側の袖が上手、左手側の袖が下手とよばれます。

右、左という言葉を使うと役者が混乱する要因となるため、舞台では客席側の目線で統一し、上、下という言葉で分かりやすくしています。