ポップノイズとは、マイクに対して必要以上の息や風が当たってしまうことによって起こる雑音を指します

しかし、息というものは声を発するためには必要不可欠なものですから、これを抑止することは決して容易ではありません。そこで考え出されたのが、ポップガードという器具です。

これは黒い網状のものが張られたもので、マイクと声優の間に設置することで、空気の流れをコントロールできます。これにより、ポップノイズを軽減できますので、収録には欠かせない器具となっているのです。これがより大規模なコンサートなどになりますと、マイクに直接装着するウインドスクリーンという球状の部品を用いることが通例です。

こうしたポップノイズは、減らすことはできても、完全になくすためには声優自身の技量が物を言います。そのために、たとえ少ない肺活量を用いたとしても、よく聞き取れるような発声を身に着けなければなりません。そんな地道な積み重ねが、声優の実力となっていきます。ポップノイズは、声優の力を試すものでもあるのです。