音響制作は、アニメづくりの一番最後に行われる仕事です。アニメの音は『セリフ』、『効果音』、『音楽』の3つがあり、これらの音を制作し、映像に合わせるまで行います。

ここでは、会社によって流れは違いますが、アニメの音ができるまでの流れ音響制作についてご紹介します。

  1. 音響制作会議

    作品シナリオ、キャラ表、キャラ設定、構成表などのアニメ制作会社から提出された作品資料を元に、世界観を共有する会議です。

    番組プロデューサー、アニメプロデューサー、音楽プロデューサー、音響プロデューサー、音響監督などが参加します。

  2. キャスティング

    キャラ表のイメージや予算に基づき、キャスト選定をします。

    一般的にキャストオーディションが行われ、各プロデューサー、音響監督などで協議された上、声優のキャスティングが決定されます。

    それ以外のキャラクターについては、音響監督に一任され、必要になったら突然指名することが多いです。

    また、原作者・テレビ局・メーカー・広告主・広告代理店など関係者から要望で、キャスト指名されることもあります。

  3. スケージューリング

    キャストが決まると、声優、音響監督、スタジオスタッフなどのスケジュールを調整します。

  4. 音楽打ち合わせ

    音響監督と各プロデューサーが、音楽のイメージや楽器編成などについて話し合い、映像用音楽を作曲家に発注します。

  5. アフレコ台本発注

    アフレコ用の台本を発注します。

    台本印刷所が絵コンテからセリフを起こし、台本として印刷・製本します。

  6. アフレコ

    音響監督が、コントロールルームのミキサーなどに収録の段取り・方法を指示したり、声優にセリフの言い回しなどの演出意図を伝えたりしながら作業を進めていきます。

    映像に合わせるといっても声優は、流れだけがわかる仮フィルムにポコっと表示される「ボールド」の表示タイミング合わせてセリフを喋ります。前向き後ろ向き、アップ・ロングとか関係なく、その印が出ている間にセリフを喋る感じです。

    ちなみに、キャラが画面にいない場合は、”キャラ名+(OFF)”とかが「ボールド」されます。

    仮フィルムは、絵コンテをスキャンしたものだったり、すごいラフな絵だったり、「丸描いてチョン」だったり、アニメ制作会社の進捗によって用意されている映像に差があります。

  7. 選曲

    音響監督が映像とセリフに合わせて、すでに制作してある劇伴の中から使用する曲・場所を選んでいく。必要なイメージの局がない場合は追加発注されたりします。

  8. SE打ち合わせ

    音響監督が、映像やセリフ、音楽を考えながら、効果音について音響効果と打ち合わせを行う。それぞれの音を効果的に聞かせてくれるのが、音響監督としての腕の差になります。

  9. 仕込み

    『セリフ』、『効果音』、『音楽』のそれぞれを、アシスタントミキサーが映像に合わせられるよう、雑音や音のタイミングを調整します。

  10. ダビング

    ミキサーが『セリフ』、『効果音』、『音楽』の3つの音を全体のバランスを考えながら、映像に合わせて一つにまとめるダビングを行います。

  11. アニメ制作会社から指定された納品メディアに合わせ納品します。

以上が、アニメの音ができるまでの行程です。音響制作会社はアニメ制作会社から仕事を受けて、アニメに命を吹き込んでいます。