一般的に目にする声優の仕事内容は、アニメの声当て、テレビへの出演、歌手活動など注目度が高いものばかりです。

ただ、一般の方まで名前を知られるようなメジャー仕事ばかりではないので、仕事内容を掘り下げて紹介したいと思います。

知っているようで知らない意外な仕事内容があるかもしませんよ。

主な仕事の内容ですが、

  • アニメ
  • 外画
  • ラジオCM
  • ゲーム
  • ドラマCD

主な声優の仕事

まずアニメ。

誰でも憧れますが、メインの役は狭き門でプロ同士のオーディションで決まることが多く、仕事としては狭き門です。

外画は、映画の吹き替えといった方が、わかりやすいかもしれません。

テレビやラジオCMで流れる声の仕事もあります。

子供の頃によくやっていたであろう、ゲームの声入れの仕事もありますね。

また、変わった所では、CDに音声のみの物語りを収録する仕事、ドラマCDというものもありますし、アプリの声といった仕事の内容もありますね。

※ 紹介したそれぞれの現場の感じを詳しく知りたい方は、コチラへ

その他、声に関する仕事

その他、、DJ・ナレーター・スポーツ実況・司会など声に関する仕事であれば、基礎を身に付けているので幅広く活躍することも可能です。

DJ業ってどんなもの?種類と内容について知ろう

ナレーターになるには?

司会者になるには?具体的な3つのアプローチ

ただ、仕事は多くても「生き残れる」人はわずかです。何故かというと技術だけではだめだからです。

仕事をこなすだけで給料をもらえるサラリーマンでさえ人間性もしっかりしておかないと、仕事がうまく回りませんから社会に出る以上必要不可欠です。

それ以上に、声優という仕事は与えられるのを待ていては生き残れませんから、運よく仕事を依頼されても次につながることはありません。

社会勉強・人間性磨きも声優を目指すのであれば身に付けておいた方が得をするというか、生き残るためにも磨きをかけておいてくださいね。