声優志望のあなたは声優と聞いて、まずは何を思い浮かべるでしょうか。

一昔前は、見た目に華がない俳優が声優になるとか、舞台と違って台詞を暗記する必要がないから比較的簡単とか、そういった印象を持たれることも少なくありませんでした。

しかし、これが大きな間違いということは、今や広く知られるところでしょう。

声優の仕事はアニメ、洋画の声を充てるにとどまらず、ナレーション、CM、ゲームと幅広い活躍の場があります。

また、音楽業界でも声優の果たす役割は年々大きくなっています。

そんなマルチな活躍を求められる声優になるためには、一体何をしたらよいのでしょうか?

声優の仕事

声優志望であれば、まずは、声優の仕事とはどんなことをするものなのか、正しく知りましょう。

アニメのアフレコ

アニメ映像のキャラクターに声を充てたり、映像なし音声のみのボイスドラマの声の仕事のことをいいます。

いずれも高い演技力が必要で、特にボイスドラマは映像がないので、声だけで表現する高度な技術を要します。

また、声のイメージがキャラクターに会っているかどうかも重要になります。

洋画のアテレコ

洋画や海外ドラマの役者に声を充てる仕事です。

アニメーションの場合、声優をオーディションで選ぶことが多いのですが、こちらは制作会社と音楽監督などが相談して決めることが多いようです。

ナレーション

テレビ番組の映像に解説を付ける仕事が、ナレーションです。

バラエティー、ドキュメンタリー、ドラマとナレーションが必要なジャンルは多く、趣旨や内容に沿った話し方が必要になります。

目立たないながらも存在感が強く、番組の印象を大きく左右します。

CMの声

テレビ、ラジオのコマーシャルの声の仕事です。こちらも商品や作り方によってスタイルが全く異なりますが、短時間で強い印象を持たせる技術が必要になります。

ゲームの声

ゲームのキャラクターに声を吹き込む仕事です。

近年ゲームはゲーム機器を必要とせず、パソコンやスマホで遊べるものが増えており、声優の需要も高くなっています。

ボイスオーバー

外国語の元の声はそのままで、日本語の声をかぶせる仕事です。

ニュース番組のインタビューや外国のニュース番組のキャスター、バラエティー番組の出演者など、多くの番組で必要とされています。

特殊な技術が要求されます

イベントなどのアナウンス

街中のイベントやテーマパークなどの案内、商品アピールといったアナウンスの音声の仕事です。

これら声優の仕事から飛び出して、ラジオパーソナリティーや俳優、歌手などの音楽活動、アニメやゲームのイベント出演、雑誌や情報番組のインタビューやグラビア撮影、といった仕事をこなす声優も数多くいます。

声優になるための道

声優は特殊な技術を要する専門職ですから、まずはその技術を身につけるべく養成機関で学ぶ必要があります。

最も多いのは、専門学校や声優養成所、劇団養成所などで演技の基礎を学び、オーディションを受けてプロダクションに所属、さらにオーディションを受けて声優デビュー、といった道のりでしょうか。

年齢や学歴に左右されない職業なので、もちろんこれが正道、というものはありません。

昔から慣れ親しんでいる大御所の声優さんや、マルチに活躍し人気を集めている声優さんには、元々は舞台役者だったり子役として銀幕で活躍していた、という方も少なくありません。

例えば話題作に多数出演し、歌手としても活躍している宮野真守さんは、幼少より劇団ひまわりに所属して子役としてミュージカルの舞台に立っていました。

一方、ドラえもんののび太の声で知られる大原めぐみさんは、主婦業のかたわら養成所に通い、ゲームの仕事からキャリアがスタートして、アニメ声優はのび太が初めてだそう。

このように、声優になるための道は多数存在しますし、逆に言えばこの道筋さえたどれば必ず声優になれる、というものではないのです。

声優の専門学校に通ったとしても、卒業生から声優になる人は一握りどころか一人二人の世界ですから、高い演技力や優れた技術はもちろん、継続する意思や熱意がないとスタートラインにすら立てない厳しい世界です。

演技なんか今までしたことないけれど、それでも、どうしても声優になりたい、と考えるのであれば、やはりまずは養成所に通って基本的な技術を身に着けるところから始めることをおすすめします(ただ、30代・40代の声優志望者は難しいです)。

最後に

声優は年々需要が高まっている仕事ですが、今や人気職業であり、その世界へ入るには狭き門を通らなければなりません。また、無事に通り抜けたとしても、必ず仕事につながるかどうかはわかりません。

多くの有望な新人がひしめき合うばかりではなく、すでにその道で何年も活躍しているプロもライバルに回すことになるのですから、当然といえば当然です。

しかし、プロダクション側は、常に新たな可能性を秘めている有望な新人を求めており、チャンスは与えられています。与えられたカリキュラムだけで満足せず、プロとして高い技術と貪欲な意識の両方を高く持つことが、声優デビューの第一歩と言えるでしょう