発声練習として読み上げる文章はたくさんありますが、その中でも効果的だといわれるのが外郎売り(ういろううり)です。なぜ外郎売りを読み上げることが声優としての成長に結びつくのでしょうか。そこで、今回は外郎売りについてご紹介します。

そもそも外郎売りってなに?

そもそも外郎売りとはなんでしょうか。ういろうと聞くと食べ物を連想する人もいるかもしれませんが、この外郎売りは違うようです。

歌舞伎の台本だった

元々外郎売りとは、享保3年の歌舞伎十八番のことです。現代では、その外郎売りの台本の一部の長ゼリフを指すことが一般的になりました。「拙者親方と申すは、お立ち合いの中にご存知のお方もござりましょうが、お江戸を発ってニ十里上方…」といった内容です。

なんとなく聞いたことがあるという人もいるでしょう。かなり昔の台本なので、仮名遣いや漢字が異なっていることもあり、初見では少々読みにくく詰まってしまうということもあるかもしれませんね。

声の仕事をする人はみんな練習していた

この外郎売りは、今活躍している声優だけでなく、アナウンサーや俳優・女優なども必ず勉強している方法のようです。それだけ多くの人に支持されている練習方法ですから、これから声優になりたいと思っているのなら必ず練習しておきましょう。

外郎売りを練習すると身につくものとは?

外郎売りをたくさん練習すると具体的にどんな力が身につくのでしょう。

高い演技力が身につけられる

外郎売りを積極的に練習して得られるものってなんだろう?と考える人もいるかもしれません。しかし、この外郎売りは、発声練習から演技力、滑舌までなんでも身につくといわれています。

というのも、外郎売りのこのセリフは薬を売っている商人のセリフです。あの甘くておいしいお菓子のことではありません。現代風にいえばセールスマンのような立ち位置になります。そして、商品を売るためにはただ淡々と商品の説明をしているだけではいけません。うちの商品はどれだけ優れているのか、他社とはどのように差別化しているのかなどを、ときには熱く語らなければお客さんも商品を買いたいと思わないでしょう。

つまり、外郎売りを読むときは当時の薬のセールスマンになりきる必要があります。もちろん、はじめは文章を読む事に精いっぱいになってしまい、演技するのは二の次になってしまうでしょう。最初はそれでも構いませんから毎日続けて練習してみましょう。

滑舌なども身につけられる

また、外郎売りのセリフには一部早口言葉のようなセリフも含まれています。早口言葉を正確にはっきりと話すためには、ある程度滑舌がよくないといけません。そのため、外郎売りを練習すると、滑舌も鍛えることができます。

「役をもらったけど、滑舌が悪くて何を言っているのかはっきりわからない」となってしまうと、プロとしての面目が立ちません。そうならないためにも、普段から滑舌の練習はしっかり行っておきましょう。

練習する上でのコツとは?

外郎売りを上手に演じるためにはどんなことに気を配るべきでしょうか。

まずはどんな内容なのか確認しよう

外郎売りを練習する上でまずやらなければいけないことが、内容を理解するということです。当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、現代の書き方ではないため、セリフだけ見てもどんな内容なのかピンとこないという人もいるかもしれません。

そんな人は、「外郎売り 意味」とネットで検索してみましょう。外郎売りを現代風に訳したサイトがたくさんでてきます。大体どんな内容が書かれているのか、理解できるはず。完全に理解してから本格的な練習に取り組んでみましょう。

棒読みでもいいので声に出して練習しよう

外郎売りを上手に読むためには、まず棒読みでもいいので声に出してみましょう。読んでいくにしたがってどこに抑揚をつけて読むべきなのか、どこを早口でまくし立てるべきなのかわかってくるはずです。

ただ目で読んでいるだけでは身につきませんので、必ず声に出して読むべきです。「声の仕事をするのなら外郎売りくらいはできるべき。」と考えている業界人がいるのは事実です。完璧にマスターするにはかなり時間がかかりますし、コツもいりますが、完璧に演じられるようになる頃には、演技力も滑舌も上達しているでしょう。

まとめ

外郎売りはマスターするのは難しい練習方法です。しかし、知名度もあり今活躍している人の中には丸暗記している人もいるほどメジャーな練習方法であることは事実です。一度読んだだけでは内容を理解するのも話すのも難しいですが、習得できる頃には技術も上がっているはずです。プロを目指すのならぜひ頑張ってみてください。

外郎売(ひらがな付)【埼玉県高等学校演劇連盟】