小学生は、アニメや漫画に多くの人が最初に親しむ時期です。

幼稚園や保育園の頃は、「アニメのヒーローになりたい」と言っていた子供たちが、「どんな人がキャラクターの声をやっているんだろう」と興味を持ち始めるのも、小学生ころからではないでしょうか。

声優に興味をもった子の中には、「声優になりたい」と職業としての声優を意識し始める子もいるようです。

しかし、残念ながら、声優になるための養成所や専門学校での本格的なレッスンは、成人または高校生以上を対象としているので、小学生のうちから本格的に声優を目指したい子ができることは、それほど多くありません。

声優の養成に詳しい人に聞いても、小学生のうちは勉強していなさい、劇団や芸能事務所でレッスンを受ける方法もある…というような答えが返ってくることが多いようです。

将来、本格的に活躍したいと思ったらその通りなのでしょう。しかし、小学生・中学生・高校生といった学生生活の大切さに気付けるのは、大人になってからのようにも感じてしまいます。

学校に行って勉強して友達と遊んで今を楽しみなさいと言われても、本気で声優になりたい、小学生のうちから一歩でも夢に近づきたいと思う方にとって、気持ちが収まらないかもしれませんね。

あまりオススメはしませんが・・・

そこで、小学生でも声優になるためにできることはないのか、探してみました。

そして、見つけたのが養成所などにあるジュニア科(名前はそれぞれです)。声優を目指す大人も通う養成所などで、小学生~中学生を対象としたクラスを設けているところがあります。(場所によって対象となる学年が違うので、事前にチェックが必要です)

これらのジュニア科は、土曜・日曜といった週末限定だったり、月2回と非常にレッスンの回数が少なかったりすることがほとんどです。そのため、ジュニア科に入れば声優になれると考えるのは尚早と言えるでしょう。

養成所のジュニア科は、声優というお仕事を少しでも知りたい、将来声優になるために、今、何かをしていないと落ち着かないといった人におすすめです。

小学生のうちから同じように声優を目指す人に接することは、勉強にもなり、いい刺激になるはずです。そこで、自分が優れているところや足りないところを発見できるかもしれません。声優になるまでの長い道のりを、ともに切磋琢磨(せっさたくま)できる友達に出会えるかもしれません。

繰り返しますが、養成所のジュニア科に通っているからといって、将来が約束されているわけではありませんので安心はできませんが、憧れの声優の世界にちょっと近づくことで、得られるものもあるはずです。

もし、養成所のジュニア科に入りたいと考えるならば、お金や時間の問題もありますので、親子でしっかり話し合うことをおすすめします。

アドバイス

あくまで可能性ですが、あなたが小学生・中学生なら、子役劇団で演技センスを磨いた方が声優になれる可能性は高いです。ただ、親御さんのサポートを受けられるのであれば、こどもの習い事の一つとしては同じかもしれません。

子役オーディションなび