声優の仕事というものは、実に種類が豊富です。アニメのアテレコや洋画の吹き替えはもちろん、ナレーションやイベントなどのアナウンスも声優の仕事の一部です。

歌手デビューしている声優も今は珍しくなく、その歌唱力の高さが評価されています。こういった人たちを見ていると、歌唱力は声優の仕事に必須なのではないかと不安に駆られる人も多いでしょう。

声優と歌唱力の関係性を見ていきましょう。

声優に必須のスキルとは?

声優の仕事の主なものを挙げます。

  • アニメのアフレコ
  • 洋画の吹き替え
  • ゲームの声
  • ナレーション
  • イベントなどのアナウンス
  • CMの声
  • 外国語の元の声に日本語をかぶせるボイスオーバー(ニュースやバラエティー番組などで多く見られます)

上記のような内容がいわゆる「声優の仕事」であり、俳優業や歌手業、ラジオパーソナリティー、イベント出演などは、声優の域を飛び出した仕事です。

つまり声優として必須のスキルとは、やはり演技力と、TPOに合わせた話し方の技術です。

例えば、ナレーションは悪目立ちせずに存在感をしっかりと感じさせる技術が必要ですし、その上で番組の雰囲気に合った話し方を求められます。

CMの声は短時間ながらも印象に残るような技術が必要です。

歌唱力は、こういったスキルにプラスして持つもので、必須ではありません

最近は声優も歌が歌えないといけないと思い込んで歌の練習ばかりしていても、必須のスキルアップがおろそかになってしまっては本末転倒です。

とはいえ、歌唱力が高ければ仕事の幅が広がり、チャンスも多くなるのは事実です。

自分がどんな声優になりたいのか考える

「声優の仕事」と聞いた時に、一番最初に思い浮かべるのはアニメ、という人は多いでしょう。

名前が売れていたり、テレビで目にする、耳にする声優の多くがこれらの仕事で活躍している人たちなので、無理もありません。

アニメ関係を中心とした仕事をする声優になりたい! というのであれば、歌唱力はないよりあったほうがいいに決まっています。

アニメにオープニング曲とエンディング曲はつきものです。

これまでは歌手が歌うことが多かったのですが、最近では出演している声優が歌うことも珍しくありません。劇中歌を声優が歌ったり、それぞれのキャラクターがキャラソンを持つことも多くなりました。

また、キャラクターがバンド活動やアイドル活動をしているという設定のアニメ作品も多くありますから、声優が歌を歌う機会は昔よりも圧倒的に増えています。

アニメソングのCDリリースやライブ活動を経て、今やオリジナルソングを持つ「歌手」としてデビューしている声優も少なくありません。

それから、ミュージカル映画を始めとして、作中で歌う登場人物は多いです。国内でも海外でも、演技にプラスして歌唱力のある俳優は重宝されています。声優も同様に、歌唱力を鍛えることがチャンスにつながるという点に関しては言うまでもないでしょう。声優としての演技のみならず、自身が舞台に立つ機会も得られるかもしれません。

声優として持つべき必須スキルにプラスして「歌がうまい」という評価を得ることができれば、仕事の幅が広がります

一方で、アニメ出演をしない声優も、もちろんいます。

こういった方たちは、ナレーションやボイスオーバー、CM、洋画の吹き替えなどで活躍しています。歌う機会が少ないので、歌唱力うんぬんはあまり問題になりません。

自分が声優としてどんな仕事をしたいのか、という点をよく考えることで、どんなスキルを特に磨く必要があるのかを明確にすることができるでしょう。

歌唱力はプラスアルファと考える

声優に絶対に必要なものは、演技力とTPOに合わせた話し方の技術です。

歌唱力は、必須スキルは身に付けている前提で、「プラスアルファとして持っていると強みになるもの」と考えると良いでしょう。

どうしてもアニメ声優になりたいし、ゆくゆくは歌手デビューも果たしたい、というのであれば、歌唱力を鍛えることは必須なのかもしれません。

しかし、アニメのオープニングやキャラソンを歌わせてもらえるほどのメインキャラクターを務めるようになるまでには、端役や脇役を確実に演じる必要があります。

端役が歌うことはまずありませんが、一言二言でも大切な台詞を務めることはあります。そのときに演技力が十分でないと、さらに重要な役をもらうチャンスは手に入りません。オーディションにしても、いくら歌がうまくても肝心の台詞を言う力がなければ受からないでしょう。

今これを読んでいる人は、声優になりたい、なるためにはどうしたらいいのかな? と考えている段階の人、養成所に通って勉強中の人、と、立場がさまざまだと思います。

専門学校や養成所に通っている間だけでなく、声優としてデビューした後も、勉強・練習・訓練というものは一生ついてきます。

すべて完璧になってから声優になるのではなくて、声優として仕事をしながらも常に高みを目指して自分を磨いていくものだからです。

元々はそんなに歌は得意ではなかったけれども、必要と感じたから歌のレッスンを受け始めた、という声優もたくさんいます。

漠然と与えられたカリキュラムをこなすのではなく、今現在の自分には何が必要なのか、という点を常に意識しながらレッスンを受けることが、上達につながります。

まとめ

声優を目指しているみなさんは、なにはなくともまずは演技力。それから、必要と感じるならプラスアルファとして歌唱力を磨くようにしてみてくださいね。

歌が上手くなる方法