子どもの頃、大好きなアニメを見て、キャラクターの声に憧れた経験のある方も多いのではないでしょうか。かっこいいヒーローや、かわいいキャラクターの声マネをした方も多いことでしょう。

子どもの頃の夢はアニメのヒーローだったのが、いつの間にかアニメに登場する声優になりたいと思う方もいらっしゃるようです。

声優のお仕事は、誰でもなれる職業ではありません。最近では声優を目指す方も増えており、簡単にプロ入りするのは厳しいものです。

また、声優のお仕事は、何もアニメの声だけではありません。ナレーターのお仕事もあれば、洋画の吹き替え、ゲームキャラクターの声など、さまざまな声のお仕事があります。

テレビに出演するタレントを目指すより、声優のほうがチャンスがありそう、と気楽に考える方もいらっしゃいますが、声優のお仕事はそれほど甘くありません。

サブカルチャー人気のためか、現在では声優になりたいと希望する若者が多く、今では専門学校もできるほどの人気の職業となっています。

声優一本で仕事をしている方もいらっしゃいますが、最近ではテレビタレントさんが声優業に進出してきており、声優業は飽和状態となっています。声優として生き延びていくには、何かしら光るものがないと、難しいと言えるでしょう。

まずは養成所や専門学校から

声優になるためには、まず専門学校や養成所に通うのがおススメです。必ず通わなければ声優になれないというわけではありませんが、声優を目指すには手堅いと言えるでしょう。

声優を目指すために、必ず何かをしなければならないということはありませんが、レッスンを受けることは自分にとってプラスになります。ただし、学校や養成所に通ったからといって、必ず声優になれるとも限りませんので、何とも言い難い部分もあります。

養成所や専門学校は数多くありますが、自分がどういった声優を目指すかによって、決めるのが良いでしょう。どの学校も同じにみえて、決め手に欠けるというのなら、自分の好きな声優さんの出身校を選んでみるのも、良いのではないでしょうか。

学校や養成所によって、それぞれ強みが違うものですが、やはり入学金や授業内容、レッスン回数などをチェックして、どこにするかを決めましょう。

高額なレッスン料の養成所ほど、声優になるチャンスがあるのではと考えそうですが、必ずそうとも限りません。まずは資料請求をしてみて、オープンキャンパスに参加してみるようにしましょう。

体験入学をすることで、実際のレッスンのイメージがわきやすくなるので、納得いくまで体験してみましょう。

専門学校や養成所を経て、プロダクションに所属することになりますが、所属したからといって、必ず仕事がすぐにもらえるわけではありません。オーディションに参加して、合格することで、やっと初めて声優の仕事をすることができます。

あなたにピッタリな声優学校の選び方

オーディションに参加するには

声優のオーディションは、応募要項を満たしているのであれば、基本的に誰でも参加することができます。

アニメや洋画、ナレーターやゲームキャラクターなど、さまざまな声優のオーディションが用意されていますので、声優になるには、まずオーディションを突破することから始めなくてはなりません。

いきなり仕事がもらえるようなら、よほど才能があるか、運が良いかのどちらかと思いますが、一般的には何度もオーディションに参加し、やっとの思いで仕事をもらえるようになります。

声優のオーディションに合格するには、もちろん声の良さや才能なども必要ですが、何よりも声優としての基礎を身につけておくことが必要です。

声優としての基礎がないと、せっかく光るものを持っていたとしても、上手に活かすことができないため、チャンスを逃してしまうことになります。

基礎を習っていないと、どうしても声だけで表現しようとしてしまうものですが、基礎を身につけていると、声に演技や表現をつけることができるようになります。

独学で身につける方もいるようですが、やはりプロの視点から指導を受けるのが、声優としてのスキルを上げることができます。

未経験OKの声優オーディションとはどんなもの?

ネットで募集をかけていることも

オーディションに応募するには、声優を募集しているオーディションを見つけなければなりません。プロダクションに所属している場合、担当者がオーディションを見つけてきてくれることもありますが、無所属や新人の場合、自分でオーディションを見つけてこないと、数をこなせないこともあります。

プロダクションに所属している新人の場合、勝手にオーディションを受けると問題になることもありますので、前もって承諾を得ておくようにしましょう。

最近ではインターネット上で募集をかけていたり、雑誌などでも探すことができます。ネットで募集をしている場合、専用フォームやメールなどで応募申し込みをすることができますので、複数のオーディションに応募することも可能です。

オーディションによっては、募集要項が異なりますので、自分が応募条件に当てはまるかどうかをチェックして、応募するようにしましょう。

最近では年齢制限を設けられていることも多く、性別も特定されていることもあるようです。また、演技経験の有無を求められることもありますので、しっかり募集要項はチェックしましょう。