いろいろなところでスキルを磨くため、マナーや流儀を学ぶための学校は様々なところがあります。ひとつは専門学校、ひとつは養成所、そしてこれらに当てはまらないスクールです。これらの学校はどのように違いがあり、またそれぞれのメリットデメリットはどのようなものでしょうか?

専門学校・養成所・スクールの違い

専門学校について

専門学校とは、大学で学問を学ぶのとは対照的に、技術や様々な仕事のためのスキルを学ぶ場所です

このようなところに関しては、基本的に学校と同じですから、技術を学習していきます。何もしたことがなくてもいろいろなことを学習したい、幅広い学習がしたいという人にとっては適している場所でしょう。

この時、メリットとなるのは様々なところとの関係があるということです。専門学校の場合、何よりもいろんな会社や教育機関とのコネクションがありますので、その学校で行われるイベントに参加して良い成績を残せば、大手と呼ばれるようなところから声がかかったり、所属のためのメリットになりやすいのです。

また、働きながら学校に行くことができないことが多く、カリキュラムがぎっしり詰まっています。その分学習できることも多く、初心者にとっては嬉しいことが多いでしょう。

そして学歴がつくということも大事なことですね。学歴に関しては、特にその学校を出たという履歴があることが大事です。週五で参加し、卒業式に専門士としての学位授与がなされれば立派な学歴です。

※関連記事:声優専門学校一覧

養成所について

ここは事務所が直接運営しているところで、いろいろな業界とのコネクションの片隅には入れたという事にもなります。

養成所の最も大きなメリットとしては、やはり業界により近くなれるということでしょう。所属後に様々な仕事をこなし、将来的にスキルを磨いていくため、より近いところで活躍できる可能性があるということでもあります。

また、事務所への所属として最も近いところになれるのもこの場所でしょう。このため、もし自分のスキルに自信があるのなら、専門学校などに行かなくてもすぐに養成所入りし、その後に所属することも可能です。

ただ、最近はいろいろなスクールなどで腕を磨いてきた人たちと争うことになるので、その人たちと争う場合はやはりある程度の実力や個人となる魅力が必要になります

最近ではどこかから学習して技術力を身に着けた人が所属することが多く、さらに志望者の数は増えているので競争はますます激しくなってきているようです。ただ、兎にも角にもここに入らないと始まらないのですから、しっかり学習して行く必要があるでしょう。

ちなみに養成所に入ったあともスキルを磨き、その後にその事務所に所属できるようにしっかり実力をつけて行くか、あるいは所属試験を受けて合格すれば、事務所所属となれます。

また、中には一つの養成所を出てから他のところに入り直す、あるいはスキルを磨いて他の芸能仕事を行う、という人もいるのです。

※関連記事:評判の声優養成所一覧

最後に、スクールについて

これは、基本的なスキルや技術、あるいは様々なことを基本的なところから学習し、将来的にいろんな道に行くための第一歩となるところです。

メリットは様々な形態があり、例えば働きながらでも通いやすい夜間コースがあったり、カリキュラムも週一からというものがあったり、種類がとても豊富なことでしょう。また、中には声優本人が実施しているところもあり、あこがれの声優がいるのならその人に近づけるというとても大きなメリットも忘れてはいけません。

このスクールに関しては、選択肢がとても幅広いのが現状です。もちろん声優事務所が直接運営しているところもあれば、そうではないところもあります。この場合、やりたいことは何か、そのためにプラスになるようなカリキュラムとなっているかどうか、ということが大事なことになるでしょう。

正直なところピンからキリまであるのがスクールの特徴です

ガッツリ学習することもできれば、安い金額で初歩の初歩から始めることもできる上、いろんな学校が夜間コースとして実施しているところもあります。このため、どのスクールに通うにせよ、よく自分の希望にあったところに行くのが大事なことになるでしょう。

ちなみに、どれでも同じという意見がある一方で、どれでも全く違うという意見もあります。

これは学習する内容や教えるひとによって全く違うということですし、何より違いが大きいのです。このため、必ず実績をよく確認してからどの学校に通うか、ということを考えたほうがいいでしょう。

残念ですが、行っても無駄になるようなところはどの形態であれ存在します。その一方で、ただのスクールでもそこからたくさんの声優を排出している学校はあります。

※関連記事:声優スクール一覧

まとめ

いろいろ書きましたが、プロダクションに所属するには、養成所を経ないといけないような感じになっています。どこからプロを目指し始めるかは、現在の次第でしょうか。

声優になるには

専門学校
一般的に書類選考のみ。規定の年数で卒業でき、最低限の教育を受けた証として専門士を得られる。関係者を招いての校内オーディションもあるが、ほとんど養成所に合格するだけです。
養成所
入所時にオーディション(入所審査)があり、在籍中にも養成所内のオーディションがある。ふるいにかけてられていくため、スキルがなければ進級できない。運営元プロダクションの所属オーディションは必ず受けられるが、養成所に通いながら系列以外の他事務所をめざすことはできません。
スクール
一般的に書類選考のみ。学校法人に認可されていない学校なので、専門士の学位は得られないが、育成実績の素晴らしいところは多い。