目標とする声優事務所を決める時の参考になればと思い、2017年春・夏・秋アニメの新作164作品のレギュラーキャラクターを担当したキャストを、所属プロダクション毎にアニメ出演数ランキングとしてまとめました。

公式サイトを調査し、なるべくレギュラーキャラクターを漏らさないよう努めてはいますが、100%網羅していないことはご容赦願います。もちろん、名前のない役を担当しているキャスト(ガヤ)もいるので、ランキングは参考程度です。

データー元となる作品は、主にアキバ総研さんで新作公開時期別に紹介されている記事を参考にさせて頂きました。

裏名で声の出演をされている方は除外しています。

声優事務所のアニメ出演数ランキングTOP20

声優事務所のアニメ出演数ランキングは、各アニメ作品のクレジットを元に紐付けし、定量的に表現しただけです。それ以外の評価基準は加わっていません。

プロダクション名 CV担当数
81プロデュース 133
アイムエンタープライズ 129
青二プロダクション 118
アーツビジョン 101
東京俳優生活協同組合 71
大沢事務所 64
賢プロダクション 58
フリー 58
マウスプロモーション 54
10 プロ・フィット 50
11 VIMS 49
12 アクセルワン 49
13 アトミックモンキー 41
14 シグマ・セブン 40
15 EARLY WING 36
16 インテンション 28
17 アクロス エンタテインメント 28
18 劇団ひまわり 25
19 スペースクラフト・エンタテインメント 23
20 アミュレート 22

 

アーツビジョンのグループプロダクション(アイムエンタープライズ・VIMS)を含めると業界No.1に変化はないですね。青二プロダクション、81プロデュースもアニメに強いのも変わりないです。

ただ、近年は声優個人に人気が出ると相次ぎ独立・フリー化する流れになっているので、フリーが目立っていますね。

2000年以降に参入してきたプロダクションをみると、EARLY WINGは系列のAbility Soul Pro、WITH LINEを含めると、マウスプロダクション並みに成長しています。

また、近年になってタレント業界から声優ビジネスにも力を入れ始めているスクラフト・エンタテインメント、ホリプロ、ソニー傘下のミュージックレインなどのプロダクションも順調に伸ばしてきている感じがします。

これらの大手プロダクションは事務所に力があるので、ある程度の可愛い声が出せて、顔がまあまあな女性声優を軸に、グイグイ露出させている傾向にあります(中堅プロダクションや声優事務所に比べると需要などの大きさが違うので、作品に出やすくはなりますよね)。

ただ、昔アニソンのタイアップなどでファンから批判が殺到したエイベックス系は意外にも伸びていません。

大手声優事務所の特徴まとめ

声優事務所のアニメ出演数ランキング21位~50位

自社系列でアニメを制作し、CVを担当させている声優プロダクションもあります。そのようなところは他のアニメでは配役されていません。

プロダクション名 CV担当数
21 クレアボイス 18
22 アミューズ 18
23 16
24 ホリプロ 15
25 ミュージックレイン 15
26 ケンユウオフィス 13
27 プロダクション・タンク 13
28 ヒラタオフィス 12
29 クロコダイル 12
30 IAMエージェンシー 11
31 アクセント 10
32 ぷろだくしょんバオバブ 9
33 シグマ・セブンe 9
34 イエローキャブNEXT 9
35 ケッケコーポレーション 9
36 ステイラック 9
37 ジャストプロ 9
38 Zynchro 9
39 プロダクション・エース 8
40 キャトルステラ 8
41 ピアレスガーベラ 8
42 アニモプロデュース 8
43 WITH LINE 8
44 S 8
45 ホーリーピーク 7
46 m&i 6
47 オフィスアネモネ 6
48 アプトプロ 6
49 ライジングプロダクション 5
50 office EN-JIN 5

50位以降も確認したい場合は、以下リンクのpdfデータを参照してください。

元データ(全グラフあり)

最後に

タレント業界全般に言えることですが、女性は露出しやすく、男性は露出させにくい傾向があります。一度、声優として人気が出れば独立も夢ではないですが、始めはプロダクションの力を受けなければならないので、目標とする事務所を選ぶときにお役立てください。