声優になりたいという人は年々増えています。

それに呼応するかのように声優養成所の数も増えてきているのです。

大手の声優事務所、専門学校、また個人でやっているような声優塾もあります。

その中から一つを見つけて通うのですから、

どんなところなのかきちんと調べて通いたいですよね。

 

 

ほとんどの学校は無料で受講することは出来ません。

(特待生など授業料免除になれば違うでしょうが・・・)

 

入所金に月々、もしくは年間の授業料がかかります。

(入所金がだいたい10万円ほど、

授業料が年間20万~50万くらいでしょうか。

もっと高いところももちろんあります。)

 

またそこに通うための交通費も必要ですね。

 

体を動かすためのジャージや、教材費などがかかるところもあります。

地方在住の方で東京に出てこようと考えている人は、

これにひとり暮らしをする下宿代もかかりますよね。

授業料だけでなく、声優になるための生活も考えて、

自分が1年間にいくらまでなら養成所に費やせるのかを計算してみましょう

 

次に養成所に通える日程を考えましょう

 

 

毎日通えるのか、それとも土日だけなのか、

また週に何回通えるのか。時間は昼間でも大丈夫なのか、夜しかだめなのか。

 

会社や学校があって毎日通えない人は全日制の養成所や

専門学校には通えませんよね。

週1回の学校はどこなのか、土日開講しているところは

どこなのか探して行きましょう。

 

次に、自分がどんなジャンルで活躍したいのか考えてみましょう

アニメがやりたいのか洋画がやりたいのか、それともナレーションなのか。

声優の事務所によっても特徴があり、

どのジャンルに強い事務所なのかがあります。

 

 

アニメがやりたいならばアニメにより多くの人を輩出している声優事務所を、

外画の吹き替えがやりたいならば外画により多くの人を排出している

声優事務所を見つけ、その事務所付属の養成所があれば

そこに通えば希望のジャンルを得意とする

事務所へ所属がしやすいかもしれないというように考えていくのです。

 

あらかじめ自分のやりたいジャンルがあれば、

そのジャンルに強い声優事務所の付属養成所を調べて見ましょう。

 

また難しく考えずに、自分が好きな声優さんの出身校から

調べてみるのもいいと思います。

 

こうして、いくつか養成所の候補が挙がってきたら、実際に資料請求をしましょう。

気になることがあれば実際に電話などで質問をすることも出来ます。

 

 

お金を払って通うわけですから、なんとなくで養成所を決めたりせず、

将来の自分をしっかりと思い浮かべて学校を決めましょう。

評判の声優養成所一覧

まだ具体的な学校の候補も挙がっていない方へ

声優学校を選ぶときに注意すべき点