よくある質問としてあるのが、「演技経験もない初心者だけど、声優養成所に入れるんですか?」ということです。

もちろん、初心者でも声優養成所には入所できます。

ただし、入所試験は幼い時から児童劇団や専門学校などで勉強を積み重ねてきた人たちとの競争です。

でも、よく考えてみてください。

あなたは声優というプロを目指している訳ですよね?

厳しい言い方ですが、どんな厳しい養成所に通ったとしてもプロとしてやっていける方は僅かですから、まず自分の出来ること、出来ないことをまず明確にすべきです。

例えば、実力がなければ基礎コースで基礎を固めるなど少し寄り道をしたとしても、本気であれば技術的な差は努力で乗り越えられます。

ド素人だった私

私の場合は、地方出身でイントネーションの問題もありましたし、声の勉強をする環境もありませんでしたから、まず東京で基礎コースがある養成所にいってステップアップしていくことを目指しました。

それが、その時の自分にとって確かな実力を身につけることにつながると思ったからです。

地方でも声優の専門学校はありましたが、実際にプロになれる確率なんてほんの僅かな業界なので、自分に甘えたくなく、厳しい環境で声優を目指したいと理由もありました。

それに、ちゃんと取り組んで身に付けたものでなければ、人の心に残らない、上面でそれなりの表現力で声優としてやっていけないと思ったからです。

声優への道は、ほんの一部の人達だけが事務所への所属を勝ち取っていくシステムです。

初心者だからと諦めるのではなく本当のゴールを目指して行くのであれば、自分がどうすればいいかは分かるはずです。

チャンスはどこにでも転がっています。

文句を言っている人が圧倒的なのは、お金を頂く声入れの仕事をする以前に事務所が求めている最低限のニーズにすら満たせなかった人たちが多い世界であるからです。

厳しい方かもしれませんが、憧れだけでは声優になれません。

最後に旧約聖書の言葉を紹介します。

初心者だけど、声優養成所に入れるんですかと考える前に、声優になるために自分に必要なことを見つめ直して自分の力で勝ち取ってくださいね。

最後に

私の心の支えになっていた言葉です。

[マタイ福音書7章 ]

求めよ、さらば与えられん。

探せ、さらば見いだすであろう。

門をたたけ、たたくものは開けてもらえるだろう。