昨今、メディアにおける声優の活躍を目の当たりにして、声優という職業への注目が高まっています。それとともに、「私も声優になりたい!」という声優志望者も珍しくなくなりました。

しかし、残念ながら本当に声優になれるのはごく少数というのが、現実です。

声優は、難しい国家資格を取得して仕事に就くようなものと違い、何年養成所に通えばなれるとか、どんな声の持ち主だったらなれるとか、
明確な部分がまったくありません。

養成所で一番優秀な子でさえ、声優デビューできる保証はどこにもないのです。

プロダクションのオーディションに合格したとしても、すぐに正契約にはならず、仕事がボンボン入ってくるわけでもありません。

声優の仕事で生活を支えることができるのは、ほんの一握りの人にしか許されないことなのです。

これらを承知したうえで、相当な覚悟をもって声優を目指すと決めても、不安でいっぱいだと思います。

今回は、不安を少しでも解消できたらと、避けて通れないお金の話をしてみたいと思います。声優になるまでにどんなお金がいくらくらいかかるのでしょうか。

声優になるには様々な道がありますので、どれを選択するかでかかる費用も違います。

専門学校

専門学校の声優科に通うには、年間100万円以上、2年間が必須です。養成所と違い、学校ですから学歴として記載もできますが、週5の全日制のため費用は高めです。入学金や授業料、施設使用料などが含まれ、それとは別に教材費や任意購入のものもあります。

声優専門学校一覧【認可校のみ】

養成所

養成所は週1回のレッスンで、入所金10万円程度と年間受講料20万円程度が相場です。プロダクション所属への道のある養成所では、年間100万円超えの費用がかかるところもあります。

学費が1番安い声優養成所は?

専門学校・養成所の本科とは違い、習い事感覚でレッスンを受けられるところもあります。月謝は1万円前後です。

一度に高額が必要なものといえば上記にあげたものですが、実際成功した人は、その他こまごまとしたお金がかかっているようです。オーディション受験料、オーディション会場までの交通費、自分磨きの費用をはじめ、細かいものですが合計すると結構な額になることもあります。

声優は演技力も求められる職業ですので、ミュージカルなどの舞台を実際に見て、学ぶこともおすすめです。活躍している声優さんのトークショーを見に行くのもよいでしょう。このような、実際に触れて学ぶ費用も大切です。

繰り返すようですが、いくら払えば声優になれるという明確な金額はありませんので、上記はあくまで参考ですが、前もってお金を準備することが必要です。

もちろん、「お金を積まずに声優になるぞ」という意気込みは大切ですよ。しかし、費用をケチって有効なレッスンやオーディションを受けられず埋もれてしまっては意味がありません。

声優という夢に向かってどのようにお金をかけていくのか、決めるのはあなたです。

奨学生制度も検討したい方へ

専門学校でなくても、新聞奨学金なら育成所に対応しているところもあります。適用校は各サイトをご確認ください。

日経育英奨学会

毎日育英会

産経新聞奨学会

朝日新聞奨学会

読売育英奨学会