声優の島袋美由利(しまぶくろ みゆり)さんは、2018年の時点で4作品の主役を獲得している大物新人です。

デビューは2017年の名前が付かない端役で、全部で2作品のみの出演に留まっていました。

ゲーム作品にも出演していますが、こちらは1本のみですから、2017年の時点では正直なところ、誰もここまで活躍するとは予想できていなかったと思われます。

インターネットラジオを始めとして、ナレーションの仕事もしていますが、実績としてはごく少数です。

2018年に入ると、途端に参加する作品の数が増え始め、端役ばかりですが名前付きの役も増加しています。

湯ノ花 幽奈

そしてついに主役の獲得にいたり、ゆらぎ荘の幽奈さんではメインヒロインの役をゲットしました。

この作品は特に若い読者層に人気で、マンガが原作のアニメです。

成仏できない幽霊という役柄ですが、見事にイメージ通りに演じきっているといえるでしょう。

原作の読者も満足している人達が多い傾向で、本人にとっても当たり役といった感じです。

遠井成美

一方では、沖縄が舞台のスポーツ作品、はるかなレシーブでも主役級の役を獲得しています。

島袋美由利さんは沖縄出身ですから、何とも運命的なものを感じさせますし、ゆらぎ荘の幽奈さんとは違った演技を披露しているので、こちらも要チェックです。

荒垣なぎさ

2本の作品で主役を演じているのも凄いですが、実はスポーツ繋がりでバドミントンアニメのはねバド!にも出演しました。

はるかなレシーブでは、内に闘志を秘めるやや落ち着いた役でしたが、はねバド!では一転して、感情を表に出す熱い役柄に挑戦しています。

これらの作品を比較してみると、役柄的には異なるものばかりで、どれも同一人物の声だとは気が付きにくく、改めて島袋美由利さんの凄さが分かります。

声優は、特徴的な声を持つ人が活躍するイメージですが、逆に複数の声を役に合わせて使い分ける人も活躍しています。

彼女は後者に分類されますし、既に複数の作品で実力を証明していますから、2019年やそれ以降も名前を見掛ける機会が増えていくものと考えられます。

具志堅シュープ

2018年の活躍はこれだけではなく、アイドル作品の音楽少女にも主役の1人として出演しています。

他の作品とは違って、キャラクターになりきりつつ歌わなくてはいけないので、この作品では歌唱力を必要とします。

共演者達は、既に歌でも評価を獲得している実力派ばかりなので、そのプレッシャーは想像以上だといえます。

他の人達の経歴からすると、メンバーの中では明らかに浮いていますが、それでも主役に選ばれたのは確かです。

それに歌は他の作品でも披露しているので、経験は少なからずあるということです。

ソロのキャラクターソングも出していますが、経験豊富な先輩声優との楽曲も担当しているので、新人とはいっても決して引けを取らないと結論付けられます。

島袋美由利さんの今後に注目!

実際の演技力や歌唱力については、複数の作品でチェック可能ですから、興味を持ったら是非確認してみることをおすすめします。

島袋美由利さんは、デビューから爆発的に活躍の場を広げた状況なので、知名度は高まっていますが、まだまだ視聴者側が追い付いていない様子です。

早い段階で注目を始めている人もいるでしょうが、名前を見たことがある位でどんな人か知らない、もしくは名前すら知らない人もいるでしょう。

2018年の活躍っぷりを見ると、2019年も間違いなく島袋美由利さんの名前を見掛ける機会が増えるはずですから、声優に興味を持っている人なら要注目です。

所属事務所について

一度おさらいすると、島袋美由利さんは沖縄県の出身の新人声優で、2017年にデビューを果たし2018年には4作品で主役の獲得に至ります。

所属しているのは大沢事務所で、大手の声優事務所として認知されているはずです。

12月6日の誕生日以外の情報は、殆ど公開されていないのが実情ですが、これは所属事務所の方針によるものと想像できます。

今後は、本人の口などから詳細な情報が出てくる可能性があるので、より知りたくなったらフォローしてみてください。

今のところ、TwitterなどのSNSは行っていないので、個人の発言を確認できる機会は限られています。

それでも、2018年の活躍からすると、これからは番組の宣伝やイベントで益々登場してくるはずです。

プライベートに関する発言も、なくはないといえますから、注目するならこういったイベントが狙い目となります。

所属事務所が情報公開を制限していても、本人の口からであれば、思いも寄らないような話が聞ける可能性が高まります。

Webラジオ『ゆらぎ荘の美由利さん〜お風呂に入る時はひだりてから〜』のパーソナリティもつとめていますから、こちらでの活躍も見逃すことができないでしょう。

生い立ちや声優を目指した理由に、誰を目標として挑戦しているかなど、興味深い話題が尽きないです。

それはやはり新人声優としてのインパクトが大きく、演技力や歌唱力といった実力を兼ね備えているからです。

将来的には、声優を目指す人の憧れの存在になるかもしれないですから、今後の活躍に期待です。