声優学校について

声優の国家資格はないので、スキルを磨くため、マナーや流儀を学ぶための声優学校は様々なところがあります。ひとつは専門学校、ひとつはスクール、そしてこれらに当てはまらない養成所です。

それらの声優への入口である学校には、どのような違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットなど注意すべき点を交えて紹介します。

専門学校・スクール・養成所の違い

専門学校について

専門学校とは、国の設置基準を満たし認定された学校です

このようなところに関しては、基本的に学校と同じですから、技術を学習していきます。何もしたことがなくてもいろいろなことを学習したい、幅広い学習がしたいという人にとっては適している場所でしょう。

この時、メリットとなるのは様々なところとの関係があるということです。専門学校の場合、何よりもいろんな会社や教育機関とのコネクションがありますので、その学校で行われるイベントに参加して良い成績を残せば、大手と呼ばれるようなところから声がかかったり、所属のためのメリットになりやすいのです。

声優学校の教育レベルについて

また、働きながら学校に行くことができないことが多く、カリキュラムがぎっしり詰まっています。その分学習できることも多く、初心者にとっては嬉しいことが多いでしょう。

そして学歴がつくということも大事なことですね。学歴に関しては、特にその学校を出たという履歴があることが大事です。週五で参加し、卒業式に専門士としての学位授与がなされれば立派な学歴です。

声優専門学校一覧【認可校のみ】

スクールについて

スクールとは、運営者の独自基準で運営されている学校です

教室・劇団・マスコミ関連の各都道府県の知事の認可を受けていない学校などが、この分類にあたります。

メリットは様々な形態があり、例えば働きながらでも通いやすい夜間コースがあったり、カリキュラムも週一からというものがあったり、種類がとても豊富なことでしょう。また、中には声優本人が実施しているところもあり、あこがれの声優がいるのならその人に近づけるというとても大きなメリットも忘れてはいけません。

正直なところレベルには、ピンからキリまであるのがスクールの特徴です

ガッツリ学習することもできれば、安い金額で初歩の初歩から始めることもできる上、いろんな学校が夜間コースとして実施しているところもあります。このため、どのスクールに通うにせよ、よく自分の希望にあったところに行くのが大事なことになるでしょう。

ちなみに、どれでも同じという意見がある一方で、どれでも全く違うという意見もあります。

これは学習する内容や教えるひとによって全く違うということですし、何より違いが大きいのです。このため、必ず実績をよく確認してからどのスクールに通うか、ということを考えたほうがいいでしょう。

残念ですが、行っても無駄になるようなところはどの形態であれ存在します。その一方で、ただのスクールでもそこからたくさんの声優を排出しているスクールはあります。

声優スクール一覧【無認可校のみ】

養成所について

養成所は事務所が直接運営しているところです。

養成所の最も大きなメリットとしては、やはり業界により近くなれるということでしょう。所属後に様々な仕事をこなし、将来的にスキルを磨いていくため、より近いところで活躍できる可能性があるということでもあります。

事務所への所属として最も近いところになれるのもこの場所でしょう

このため、もし自分にこの事務所しかないという覚悟があるのなら、専門学校などに行かなくてもすぐに養成所入りした方が良いでしょう。

ただ、最近はいろいろな専門学校・スクールなどで腕を磨いてきた人たちと争うことになるので、その人たちと争う場合はやはりある程度の実力や個人となる魅力が必要になります

とはいえ、兎にも角にもここに入らないと始まりません。

初心者の方でも養成所に入ったあとにスキルを磨き、その後にその事務所に所属できるようにしっかり実力をつけて、事務所所属となる方もいますので、覚悟次第ということになるでしょうか。

また、中には一つの養成所を出てから別の事務所を目指し他のところに入り直す、あるいはスキルを磨いて他の芸能仕事を行う、という人もいます。

評判の声優養成所一覧

注意すべき点まとめ

いろいろ書きましたが、大手プロダクションに所属するには、養成所を経ないといけないような感じになっています。どこからプロを目指し始めるかは、現在の次第でしょう。

現時点で『絶対この事務所に入りたい!』という希望がないのであれば、無理に養成所を目指さずに色んな事務所を受けられる専門学校やスクールで学んでも、大手事務所への道はゼロではありませんの安心してくださいね。

ただ、簡単になれるというイメージがあるかもしれませんが、簡単な道はありません。真剣に修行している身なら、恋愛している暇もないくらいです。

『声優学校へ行くな!』、『スクールは闇云々』、『養成所なんて』とアジる、煽る、叫んで、建設的な提案もない人は、公式HP上の甘い言葉だけを信じて入学し、『学校に何かをしてもらおう!』でも『学校は何もしてくれなかった!』という人たちです。それぞれメリット・デメリットは必ず存在するので、まずあなたが選ぶ基準を明確化してください。

そして後々選んだことを後悔しないように、興味があるところは資料請求だけでなく、必ず見学会・オープン キャンパスなどに参加して実際の雰囲気を体感し、勉強する目的を具体化してくださいね。

くどくてスイマセン。。。

声優になるための進路について

専門学校
一般的に書類選考のみ。規定の年数で卒業でき、最低限の教育を受けた証として専門士を得られる。関係者を招いての校内オーディションもあるが、ほとんど養成所に合格するだけです。専門学校として必要な授業時間は1700時間とされています。

声優専門学校一覧【認可校のみ】

スクール
一般的に書類選考のみ。学校法人に認可されていない学校なので、専門士の学位は得られないが、育成実績の素晴らしいところは多い。

声優スクール一覧【無認可校のみ】

養成所
入所時にオーディション(入所審査)があり、在籍中にも養成所内のオーディションがある。ふるいにかけてられていくため、スキルがなければ進級できない。運営元プロダクションの所属オーディションは必ず受けられるが、養成所に通いながら系列以外の他事務所をめざすことはできません。

評判の声優養成所一覧

追記:オンライン講座について

空気感は自宅では感じることができないので、オンライン講座を受けても身になりません。趣味で受講する程度にして下さいね。

仕事で大切な『自分でない他人を演じるためのスキル』、『音響監督の要求に答えられるスキル』、なにより『チームプレイで作品を作るスキル』は、そこにありません。