プロフィット声優養成所には基礎科と本科、2つのコースがありますが、私が通っていたのは本科のみなので、そのお話をしたいと思います。

プロフィット声優養成所 本科で実際に感じたこと

声優プロダクション「プロフィット」は元々アイムエンタープライズでマネージャーをしていた谷村誠さんが立ち上げた声優事務所です。

谷村さんはアイムでアニメ担当マネージャーや中原麻衣さんの個人マネージャーをやっていたことからか、アニメに強い事務所になっています。

その養成所である「プロフィット声優養成所」もアニメ系のレッスンが多かったように思います。

プロ・フィット本科でのレッスン内容

1クラス15人ほどと人数が少ないので、クラスメイトはほとんどが経験者でした。

他の声優養成所や専門学校で勉強をして来た人がほとんどです。

在籍出来る期間もたった1年しか無いので、ここで結果を出そうと勢いの強い人が多かったように思います。

何年か養成所に在籍出来、悪い言い方をすれば飼い殺しにされることは無いので、集中して結果を出さなければならないのです。

 

経験者が多いからと言って基礎のレッスンが無いわけではありません。

発声、滑舌、エチュードなど、演技をする上で欠かせないレッスンもあります。

通常レッスン以外に月に2回無料で受けられる基礎講習があって、「風の谷のナウシカ」のナウシカ役や「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリス役、「それいけ!アンパンマン」の食パンマン役などの声優の島本須美さんが講師です。

島本須美さんは第一線で活躍されている方ですので、基礎の訓練やテクニック以外にも、声優としての在り方を学ぶことも出来ます。

 

通常レッスンが自身も誠意であり、音響監督も務めている塩屋翼さんが担当してくださいます。

塩屋翼さんは子役としてデビューして以来、14歳から「海のトリトン」のトリトン役、「科学忍者隊ガッチャマン」のつばくろの甚平役、「聖闘士星矢」のセイレーンのソレント役、「かりあげクン」のかりあげクン役、「SLAM DUNK」の宮城リョータ役など第一線で活躍してらっしゃるので、同じ声優としての演じ手側からの目線と、さらに現在は音響監督も務めているので、作品を作り上げるスタッフ側からの目線と、いろんな角度から見たレッスンを受けることが出来ます。

 

プロフィットのアニメやラジオドラマのレッスンは実際にマイクを立て、収録をしながら行なうものが多いです。

本番さながらの状況が再現されるので、現場に出たときに注意しなければいけないルールやマナーも身につけることが出来ます。

どのマイクを使うのか、前の人と被らないように入るマイクを考えてメモを取っておく、ペーパーノイズを立てない為に台詞が次ページに渡っている場合は前ページに書き足しておく、背の低い人は高めの靴を準備する、洋服の衣擦れの音やアクセサリーの音などでノイズを立てないように服装にも気を使うなど、演技以外にも気を配らなければならないことがあるのだと、マイク前のレッスンで気づくことができるのです。

台本のチェックの仕方や、口パクの合わせ方や息づかいなども学びます。

レッスンの教材として使われるものはどれも新しい作品のものが多いので、何年も前の古い題材を使ったレッスンとは違い、今の作品の雰囲気やスピード感を知ることも出来ます。

 

その他、夏には夏季特別講座があって、業界内のプロデューサーや監督などのお話を聞くことが出来ます。

現場に出ないと会えない方ばかりなので、お話はとても興味深くためになることばかりですし、現場でお会い出来るようになろう!と気合が入ります。

プロ・フィット所属オーディション

1年の最後にはプロフィット声優事務所への所属オーディションが行われます。

プロ・フィット声優養成所には最初にも述べましたが、1年しか在籍することが出来ないので、ここで所属になれない場合は養成所に残ることは出来ず、卒業しかありません。(基礎科の場合は本科へ進めれば最長2年在籍出来ますが、ここでは本科のお話をしています。)

所属オーディションはレッスンの最後に収録するボイスサンプルと、マネージャーの前で当日原稿を演じての審査です。

ボイスサンプルは自分で2つほど原稿を用意します。

2つの原稿は自分のやりたいものは勿論ですが、魅力を充分に発揮できるものを厳選した方がいいです。

同じようなものが被らないようにする男性なら青年と老人、女性ならば子どもと大人、女の子と少年など年齢や性別の差を付けたり、セリフとナレーションを入れたりするなどの工夫も必要です。

マネージャーの前で行う実技は、一人一人が呼ばれて行う個人審査です。

オーディション当日、幾つかのセリフやナレーションなどが並んだ原稿を渡されます。

そこから2つ選び、マネージャーの前で実技を行います。

自分が選んだもの以外にも「これを読んでください」とマネージャーから指示が出ることもあるので、その時はそれも演じます。

予想外のものを指示されることもあるので、心構えが必要です。

プロフィット声優養成所の評判・口コミ

では最近のにプロフィット声優養成所の評判はどうなのか?プロフィット声優養成所に通っている方(通っていた方)や声優養成所を検討中の方だけでなく、声優大好きな一般人のプロフィットへの印象などの口コミも集めてみました!

  • プロフィットは、何科に行くのか知りませんが、倍率が高いです。(知恵袋
  • 確認できる範囲では、他の所で演劇を学んでから入っている人が多いと思います。(知恵袋
  • プロフィットの本所属している人や預かりになっている人の写真を見て下さい。飛び抜けて容姿が端麗な人しかいない訳では無いですよね。(知恵袋
  • 例えば茅野愛衣さんは以前からやっていたエステティシャンの仕事を続けながら週1でプロ・フィットの養成所に通って声優になっています。(知恵袋
  • 少数精鋭の育成方針のもと、本科は入所試験の倍率が全ての養成所でもっとも高い(30倍を超えるとも)と言われ、非常に狭き門で知られる。(知恵袋
  • プロ・フィットはとにかく現場の即戦力を求めていますから、デビューして直ぐに主役を張れる人材じゃないと難しいと思いますよ。(知恵袋

基礎科は本科落選組で埋まりますから、本科狙いで受けた方がいいです。

プロフィット声優養成所は、こんな人におすすめ

スクールや専門学校からはとらないので、プロフィットに入りたかったら、プロフィット養成所に行くしかないよ。

http://www.profit-v.com/