スマホゲーム出演数@声優事務所ランキング

目標とする事務所を決める時の参考になればと思い、2017年に発売されたスマホゲームのCVを担当したキャストを、所属プロダクション毎にスマホゲーム声優事務所ランキングとしてまとめました。

家庭用ゲーム機のみだった時代は、任天堂・バンダイナムコとの繋がりの強いアーツビジョン系がとても強かったです。

しかし、アプリをインストールするだけのスマホゲームの勢力図は、どうでしょうか?

スマホゲームはガンホー、GREE、DeNAなどソーシャルゲーム大手上場企業だけでなく、比較的開発費もかからないゲームアプリとして中小企業から発売されていたりします。

毎日のように新しいゲームが生まれている市場なので、傾向は違うかもしれませんね。

※全てのスマホゲームを網羅したわけではないので、ランキングは参考程度です(母数が少ないのは、申し訳ありません)。
※主に有名・人気声優がCVを担当していると、宣伝しているスマホゲームをピックアップしています。

スマホゲームCV声優事務所ランキングTOP20

スマホゲームCV声優事務所ランキングは、スマホゲーム公式サイトを元に紐付けし、定量的に表現しただけです。それ以外の評価基準は加わっていません。

プロダクション名 吹き替え担当数
アイムエンタープライズ 113
81プロデュース 110
青二プロダクション 72
大沢事務所 49
マウスプロモーション 46
賢プロダクション 44
アーツビジョン 44
フリー 41
ヴィムス 37
10 東京俳優生活協同組合 35
11 アクロス エンタテインメント 35
12 シグマ・セブン 31
13 アミュレート 24
14 EARLY WING 21
15 アクセルワン 19
16 プロ・フィット 18
17 リマックス 17
18 14
19 ぷろだくしょんバオバブ 12
20 ケンユウオフィス 9

 

大量の声優をキャスティングする場合、昔のように1社丸投げということはあまり見られません。

やはりアーツビジョン系のグループプロダクション(アイムエンタープライズ・VIMS)はスマホゲームも強いですね。

81プロデュース、青二プロダクションもスマホゲームに強いです。

大沢事務所、マウスプロダクション、賢プロダクションも手堅くスマホゲームの上位にきていますね。

また、近年は声優個人に人気が出ると相次ぎ独立・フリー化する流れになっているので、フリーが目立っているのはアニメと同じです。

2000年以降に参入してきたプロダクションをみると、アクロス エンタテインメント、EARLY WINGはスマホゲームの声優にキャスティングが目立ちます。

やはり、スマホゲームもアニメに近い傾向があるようです。これはゲームやアニメ、映画を同時進行させて1つのIPを育てていくクロスメディア戦略が主流なのが、より強く影響しているからでしょう。

大手の声優事務所の特徴まとめ

以下リンクのpdfデータを参照してください。
元データ(後日公開)