声優になるための関門であるオーディション。この声優オーディションに合格するために日々努力を積み重ねている人は少なくないでしょう。でもこのオーディションは種類が様々で、中には募集条件に未経験でもOKのものもあります。

今回はそんな未経験でも受けられるオーディションに関するお話をしたいと思います。

ここで言っているオーディションは、定員制限のための入所審査とは異なります。

未経験OKというのは、未経験もなれるという意味ではない

声優オーディションの詳細を読むと「一般公募」「未経験歓迎」「素人でもOK」そんな記載がされているものがあります。

これを読むと、このオーディションに合格すれば未経験でもすぐに声優になれる、そう勘違いする人もいます

未経験でも可能だと、期待を胸にオーディションへ臨もうとする人もいることでしょう。確かに未経験でも受ける事ができるオーディションを経て声優になれた人は存在しますから、その可能性はゼロではありません。

しかしそんな人はほんのわずか、だということを肝に銘じておく必要があります。

これらのオーディションに応募する人の中には、未経験の素人の人に交じり、専門学校などで勉強している人、本気で養成所に通い声優の勉強をしていた人、事務所に所属し小さな声優の仕事をしている人もたくさん含まれています。

もし未経験で挑戦するのなら、彼らと競合できるほどの実力を自力で身につけるか、それを上回る魅力が無ければなりません。(例えば、歌声がすでにプロとして通用する。タレント性があるなど。)

それで初めて同じ舞台で戦えると考えておくべきです。

未経験でもOKのオーディションは、未経験でも簡単に声優になれるという意味ではないことを知っておきましょう。覚悟がなければ、せっかくのオーディションの経験も無意味になってしまいかねません。

未経験歓迎の声優オーディションの裏の顔

ではなぜ一般公募や未経験歓迎の声優オーディションがあるのでしょう。それは開催側の裏の意図が隠されています。

例えば有名な企業などが関わっている場合は、そのオーディションが広報活動を兼ねていることがあります

審査員に有名な声優を加えたり、アニメやゲームの名が出ていると、大きな宣伝効果があります。オーディションという表向きのイベントを通じて、企業の活動をPRしているのです。話題になればその後の企業の動向も注目され、アニメやゲームの売り上げもアップするでしょう。

またオーディションという名目で、養成所や学校やワークショップへの人集めという目的が含まれていることもあります。

例えば、個人情報の取り扱いについての補足などで、『業界セミナーやスクール案内等のサービスの資料送付等』などがありますといった記載です。

オーディションには合格できなかったけれど、「声優としての素質は認められます。ぜひうちの声優学校で基礎を身につけて再度挑戦してください」そんな文句で学校入学を勧められることがあります。またそれらを言われなくても、オーディション先が招請所を経営しているのなら入学を検討しようかな、そう思う応募者もいるでしょう。

未経験歓迎の声優オーディションにはそれらの意図が隠されていることをしっかり認識し、応募することをお勧めします。

それでも受けてみる意味はある?!

未経験で声優オーディションを受ける意味は、全くないわけではありません。前述したことを理解した上で挑戦する価値はあります。それは声優になるために声優オーディションを受けるのではなく、声優業界を垣間見るために声優オーディションを受ける場合です。

声優オーディションに応募するためにプロフィールを書き、それが万が一通過すれば、実技試験や面談、適正審査などを受けることになります。もし運よく一次審査を通過すれば、他の応募者の実力を見られる機会もあるかもしれません。また人前で実技をするということは緊張感の中で自分の力を発揮する練習にもなるでしょう。

もしかしたら養成所の勧誘もあるかもしれませんが、「こういう世界なんだ」ということを知る機会にはなるでしょう。あなたがそこで小さなことでも吸収しようとしているのなら、何度も応募し落選する理由を考え改善できるのなら、もしかしたら道は開けてくるかもしれません。

落ちてもいい、とにかく業界を見てみたい、一度は挑戦してみたい、そんな気持ちを持っているのであれば受ける価値はあると思います。

有名な特別待遇を与えられるオーディション

声優養成所の塾生のうちは、勝手に一般公募オーディションを受けるのはNGです。許可が出るタイプの養成所であっても、養成所側にきちんと申告して話し合っておく必要はありますよ。

81オーディション対策の参考に!81プロデュース特待生への道

シグマ・セブンオーディション対策の参考に!特待生への道

声優アワード新人発掘オーディション!スカウトで特待生へ

簡単に声優になれる方法は無い

声優になるのは簡単ではありません。声優の学校に通っている人は、声優の基礎と知識を身につけ、時には演技や音楽など幅広いことを学ぶ必要もあります。

今は声優に関することだけではなく+αで何が出来るのかを問われる時代です

人前で堂々と特技をPRしたり、人には負けない何かをきちんとアピールできなければ、声優オーディションに受かることはできないのです。

たとえオーディションに受かったとしても、そこには憧れの声優の道が約束されているとも限りません

お金を出しレッスンを受けながら小さな小さな声優の仕事をしている人は山ほどいるのですから。簡単に声優になれる方法はないと考えておくと良いでしょう。

まとめ

未経験OKのオーディションに関してそこに隠された意図や現実を知り、ショックを受けたかもしれません。でもその事実を知りそれでもやりたいのであれば、ぜひ一度挑戦するのもいいと思いますよ!!

掲示板のスレも参考にしてみて下さいね。

声優になるには?

まだ具体的な学校の候補も挙がっていない方へ

声優学校を選ぶときに注意すべき点