古典落語『金明竹(きんめいちく)』で上方の言い回しやリズムをつかもう!

金明竹(きんめいちく)は、古典落語の演目です。同音異字で『錦明竹』とも表記されます。

よく演じられる後半部は、上方の言い回しやリズムをつかむのに、最適な教材で使われますから紹介しておきますね。

金明竹【上方男の口上全文】


私なぁ、中村の加賀屋佐吉方から参じましたン。

わてなぁ、なかむらのかがや さきちかたからさんじましたン。


へえ。

へえ。


先度、仲買の弥一が取り次ぎました道具七品のうち、

せんど、なかがいやいちがとりつぎました どうぐななしなのうち、


裕乗・光乗・宗乗三作の三所物ならびに、備前長船の則光、

ゆうじょ・こうじょ・そうじょさんさくのみどころもんならびに、びぜんおさふねののりみつ、


四分一拵 横谷宗民小柄つきの脇差、柄前はなぁ、

しぶいちごしらえ よこやそうみん こづかつきの わきさし、つかまえはなぁ、


旦那はんが鉄刀木さんやと言うてでござりましたが。

だんなはんが たかやさんやと いうて でござりましたが。


やっぱりありぁ埋木じゃそうで。木ィが違うておりまっさかい、

やっぱりありぁ うもれぎじゃしょうで。きぃがちがうておりまっさかい、


念のためにちょっとお注意申します。

ねんのために ちょっとおことわりもうします。


次は、織部の香合、温古の花碗、黄ばく山金明竹・花活には遠州宗甫の銘がございます。

つぎは、おりべのこうごう、おんこのかわん、おうばくさんきんめいちく・はないけには えんしゅうそうほのめいがございます。


『古池や 蛙とびこむ 水の音』

ふるいけや かわずとびこむ みずのおと


これは風羅坊、正筆の掛け物。沢庵・木庵・隠元禅師張交ぜの小屏風。

 これはふうらぼう、しょうひつのかけもの。たくあん・もくあん・いんげんぜんじはりまぜのこびょうぶ。


あの屏風はなぁ、もし、うちの旦那の檀那寺が兵庫におましてなぁ、

あのびょうぶはなぁ、もし、うちのだんなのだんなでらがひょうごにおりましてなぁ、


へぇ、

へえ、


この兵庫の坊主の好みまする屏風じゃよって表具にやって兵庫の坊主の屏風に致しますと、

このひょうごのぼうずのこのみまするびょうぶじゃよって ひょうぐにやって ひょうごのぼうずの びょうぶにもうしますと、


はっはっは、こないにお伝付ねがいます。

はっはっは、こないにおことづけねがいます。

語彙

四分一拵の意味

全量の銀の割合から名づけられた合金のこと。 銅に四分の一以上の銀を加えた。