声優の年収事情

声優という職業は今や人気の職業です。声優になる為の専門学校があって、声優を育てプロデュースしてくれるプロダクションもあります。門戸は広く開かれている・・・ようにも思えますが、やはり有名な声優になれる人はほんの一握り。声優になりたくて専門学校に入学しても、基礎段階でレッスンの厳しさについて行けず辞めてしまう人が圧倒的に多いのです。

生まれながらの類いまれな声の持ち主であるとか、声優としての演技力がずばぬけて高いとか、何か特殊な才能でもない限り声優として成功するには地道にレッスンを受けて技術を磨き、オーディションを受け続けてチャンスを掴んでいくしかないようです。かなり厳しい世界のようですね。

ではそんな厳しい世界で、声優のみなさんは、いくら位のギャラをもらっているのでしょうか?また、年収ではどれくらいになるものなのでしょう?その実態をちょっと覗いてみましょう。

声優の年収は文字通り「ピンキリ」。新人ならば10万程度の「食えない声優」も珍しくない

声優にはけっこう明確なギャラの基準があります。それは、日本俳優連合というところに所属している声優ならばギャラがいくら以上いくら以下なのか、明確に開示されているから。

例えば30分のアニメ番組に声優として出演する場合のギャラは、日本俳優連合でのランク付けに応じて15,000円~45,000円です。新人ならばランクは一番下なのが普通ですから、最初はアニメ1本15,000円と考えてよいでしょう。

「あれ、意外にもらえるな」と思ったあなた、実はギャラというのは本人が丸々受け取れるものではないんです。事務所に手数料を引かれ、残った金額の1割が源泉徴収されます。仮に手数料が50%とすると、声優本人が受け取れるのは6,750円です。この中から交通費も負担しなくてはいけません。

通常、30分のアニメ1本をアフレコするのにかかる時間は2時間程度、長い時には8時間もかかる場合があるのだとか。そのアニメが1週間に一度、1年間続いたとしても年収351,000円です。もしレギュラー的なキャラクターではなく、数話で出番が終わるようなら、もっともっと収入は減ります。ですから、年収10万円なんて事になってしまうのも決して珍しい事ではありません。当然バイトを掛け持ちしながら頑張るしかない、という事になりますよね。

スター声優なら年収はどのくらいになるの?憧れのあの声優は?夢のような収入を得ている声優もいます

だれもが知っている有名アニメの美少女キャラクターの声で一世を風靡した声優、かの有名なセリフ「あなたは死なないわ、私が守るもの」と言えば・・・もうお分かりですよね。彼女のように超有名な声優ともなると、その年収は桁はずれ。数千万円とも言われています。

アニメの声優だけでそんなにもらえるの??と驚かれた方も多いでしょう。実はそうではありません。彼女はアニメ声優として人気ですが、それだけではなくTVドラマ・映画・CMなどの声優もやっています。主題歌を歌う事も多いようですし、ラジオパーソナリティとしても活躍中です。作詞もするしエッセイも書く、才能がとどまるところを知らないのでしょう、活躍の場は広がるばかりです。

ですから彼女の純粋に声優として稼いだ年収、というのはちょっと分かりません。それでもその出演作の多さには驚くべきものがあります。何年にも渡ってひっぱりだこの人気です。

彼女の声優としてのすばらしさは、先に書いた有名アニメ1本とっても際立っています。物語の中心人物となる美少女の声の他、主人公の母親、主人公が乗る人造人間初号機、物語の癒し役の温泉ペンギンなどもすべて彼女が担当しているんです。初号機とペンギンは人間ではないですし、聞いていてとてもあの美少女と同じ人が出している声とは思えません。

それができるところが声優としての幅の広さなのでしょう。

そんな彼女だからこそ、活躍の場も増えるし収入もついてくるというものです。今や声優として声が人気なだけでなく、彼女本人のファンが大勢存在しているんです。

一般的な声優の年収は?「けっこう有名な声優」の年収はどのくらい?

新人声優と、スター声優との両極端な例を書きましたが、では一般的な声優はどれくらいの年収なのでしょうか?

誰もが一度は見た事がある、世田谷のとある一家の日常を描いた国民的長寿アニメの父親役の声優が書きしるしたものによると、年収は頑張って交渉した結果でも300万円ほどだったとか。300万といえば若いサラリーマンと同程度。とても声を聞いただけであの人だ!とピンとくるような有名声優の収入金額とは思えません。

ですが、それが一般的な声優の現実なのだと思います。一部のスターを除き、声優本人が人気になるという事は少ないものです。声優はキャラクターと一体、裏方の仕事で年収もそれほど高くないというのが、本当のところなのです。

まとめ

声優というのは、輝かしい職業でも高収入な仕事でもありません。でも、ある一つのセリフがその声優の発する声で語られる事で忘れられない名セリフになるという事は確かにあります。そういうセリフと一生に一度出会えるかどうかも分かりませんが、そういう出会いを求めて声優を目指す方も多いのではないでしょうか。

単に高い年収を得たいならば選ぶべき職業ではないかもしれません。本当に声優になりたい方、声優という仕事が本当に好きな方にしかできない仕事なのかもしれませんね。