プロダクションエース演技研究所の評判は?

プロダクションエース演技研究所は、1993年に設立したトライアルプロダクションがプロダクションエースへ改名した2008年に開設した付属声優養成所です。

プロダクションエースの特徴

ブリドカットセーラ恵美、伊藤 亜祐美などが活躍するプロダクションエースは、あまり知られていませんが、株式会社KADOKAWA(旧:角川プロダクション)と株式会社アミューズメントメディア総合学院との合弁会社です。

アニメにも配役されることが多いですが、外画の吹き替えも配役の目立つ事務所ですね。

・住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-3-16 CATビル6F

声優プロダクション徹底比較

声優事務所に所属できれば、どんなジャンルでも仕事があると思ったら大間違い。

ごく一部ですが、制作現場との関係事務所・営業さんの力量も垣間見える、メジャーな仕事の出演数ランキングです。
アニメ出演数@声優事務所ランキング
スマホゲーム出演数@声優事務所ランキング
洋画吹き替え出演数@声優事務所ランキング

プロダクションエース演技研究所の特徴

今でこそ一般的になりつつありますが、養成所とプロダクションを組み合わせて指導し育成、そのデビュー後もタレントの特徴を踏まえたトレーニングと仕事選びを一貫してワンストップで行えるシステムの先駆けであり、それがずっと続いているのがプロダクションエースの特色であり強みと言って良いでしょう。

フレッシュな顔ぶれでアニメや舞台、ドラマやCMと幅広い活躍を見せる所属タレントたちですが、その芸能の強さの秘訣は何と言ってもプロダクションエースの直属の演技レッスンが受けられる養成所の存在でしょう。

単なるアニメだけでなく、洋画の吹き替えやバラエティ番組のナレーションなど多くの可能性を持つ声優の活躍の場をさらに広げ、今でも新しい境地を開拓しているプロダクションエースは声優志望者にとっても仕事を依頼する側にとっても、もっとも信頼のおける事務所のひとつと言えます。

プロダクションエース演技研究所の入所審査オーディション

プロダクションエース演技研究所への入所は、”声優&声優アーティスト・育成プロジェクトオーディション(入所オーディション)”で合格しなければなりません。この育成プロジェクトオーディションは、特待生の選考も兼ねており優秀者などには以下の特典もあります。

・プロダクション・エース賞:プロダクションエース所属
・優秀賞:入所費一部免除

レッスンの流れ

  1. 本科(1年間)

    滑舌など声をつくる基礎を学ぶ場。研究科へ進むための年間2回の実力査定オーディションがある。

  2. 研究科(1年間)

    年間2回の実力査定オーディションがある。

  3. 実力査定オーディション(プロダクション・エース所属)

ステップ1とステップ2のカリキュラムを1年間で学べる短期集中で学べるクラス「キャッチアップコース ステップ1+2」もあります。

過去のプロダクション・エース賞受賞者

プロダクション・エース演技研究所の特待生(優秀賞)、飛び級(奨励賞)、審査員特別賞などは除外して、その後の活躍を追って見ると良いかもしれませんね。

2011年:桂一雅、山本善寿(オフィスPACへ移籍)、幡野智宏(MOJOSTへ移籍)

2015年:夏目唯、梶田大嗣

作品出演者オーディション

プロダクションエースは直接養成所へ入所する卵たちだけでなく、KADOKAWA作品への出演オーディションも、積極的に開催しています。こちらは、プロダクション・エース賞と同様に即事務所所属できるようです。

プロダクションエース演技研究所の資料

※同封される資料は、随時最新のものに変更されます。

  • 入所要項(1枚)
  • パンフレット(15ページ)
  • 入所申込書(1枚)

ネットでさっと見るより、手元で紙の資料をじっくり読むと、「感じ取ることができる」情報は格段に多くなりますよ(親に相談するときに必須ですね)。

資料請求しても、しつこいDMやTELはないで安心です。

http://www.production-ace-enken.jp/