映像テクノアカデミアは、東北新社が運営する専門スクールです。声優科の卒業生として有名な出身声優は、皆川純子さん(東京俳優生活協同組合所属)・藤吉浩二さん(アイムエンタープライズ所属)さんなどです。

東北新社の特徴

東北新社はテレビ放送の初期の頃から、特に海外の映画やテレビ作品の日本語版の制作関係で有名な会社です。ディズニー作品などエンドクレジットの関連会社リストで、よくみかける有名な会社ですね。

映像業界への就職を希望する人たちにとって、映像テクノアカデミアという学校は心強い存在となっているといっても過言ではありません。

映像テクノアカデミアの特徴

映像テクノアカデミアは、東北新社の創立35周年を記念して設立され、CMや映画、ドラマの制作や外国映画の配給などを行っている東北新社の資産を最大限に活用し、他では真似することができない独自のカリキュラムを提供することに誇りを持っています。

現場密着型の実践教育をモットーとして掲げ、卒業後の就職に至るまで様々なサポートをするために、東北新社グループのバックアップ体制が整っている点が大きな特色です。

映像・広告クリエイター科、映像翻訳科、声優科の3つに分かれており、自分の目標とする分野を専門的に学習することが可能となっています。

映像・広告クリエイター科

映像・広告クリエイター科では、CMプランナーや映像編集に携わるためのスキルを身につけることができます。学校のモットー通り、現場密着型の実習がメインとなったカリキュラムが導入され、卒業後は即戦力として活躍することができる人材育成を目的としています。

CM制作体験塾の作品

クオリティーが高いですね。

映像翻訳科

映像翻訳科は、映像の字幕翻訳や吹替翻訳のプロを目指すための学習を行います。字幕や吹替が必要となる映像は映画のみならず、航空機内の映像やDVD、インターネット上の映像など幅広いジャンルが存在しており、それらに対応することができるスキルを身につけるためのカリキュラムが組まれています。

声優科

声優科ではアニメの吹替やナレーションを目指す人たちが学習しており、演技や発声の基礎から学ぶ環境ができています。講義だけではなく数多くの実習がカリキュラムに含まれており、演技力や表現力を高いスキルで身につけることが可能となります。

在学中に東北新社が制作する作品に出演するチャンスもあり、学びながら貴重な経験を積むことができます。なにより、海外作品関係の現場仕事を見ながら勉強したいなら、映像テクノアカデミアはすごく適した環境ですね。

レッスンの流れ

ステップ1とステップ2のカリキュラムを1年間で学べる短期集中で学べるクラス「キャッチアップコース ステップ1+2」もあります。

  1. ステップ1(1年間)

    ”アニメ・外画コース ステップ1”では、発声や滑舌など「声」をつくる基礎練習を行います。

  2. ステップ2(1年間)

    ”アニメコース”と”外画コース”にわかれ演技力と表現力を磨く。

  3. ステップ3(1年間)

    ”アニメコース”と”外画コース”にわかれ、プロとしての最低限必要なスキルを磨く。

  4. プレゼン公演(声優プロダクション所属オーディション)

『プロクラス』は、所属しているプロを対象にしたクラスです。

最後に

実際に映像テクノアカデミアで学んだ卒業生の声として、授業だけでは得ることができない様々な実践を積むことが大きな力となったといった声が目立っています。

それこそが映像テクノアカデミアがモットーとする現場密着型の実践教育であり、卒業後に即戦力として活動するために重要な教育といえます。実績や経験が豊富な講師陣が揃っている点も高く評価されており、現場を知っているからこそ伝えることができるスキルや知識を、余すところなく学生たちへ教えることに情熱を注いでいます。

・住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1−14 東北新社新宿ビル
・映像テクノアカデミアURL:http://www.vta.tfc.co.jp/