「あめんぼあかいなあいうえお」で始まる北原白秋「五十音」は、「あめんぼの歌」・「あいうえおの歌」などとも呼ばれ発声練習でよく使われるものですが、正しい『五十音』という題名を知らない人も多いかもしれません。

五十音とは?

『五十音』は、詩人・童謡作家として有名な北原白秋によって、かな学習歌として作られましたので、『五十音』は50音をバランスよく配しています。

ですから、発声練習に適しているとされ、声優・演劇・アナウンサーなどの滑舌トレーニングの発声練習の教材として使われていることが多いです。

五十音を練習する上でのコツとは?

『五十音』は、「あかさたな・・・」つまり「あ」段のことばを中心に組み立てられており、口をはっきり開けないと伝わらない詩です。

口は大きく開かず、しっかりとした口の開き方の形を意識しつつ、4・4・5の定型詩(ていけいし)のもつ規則的なリズムで読むと良いでしょう。

動画

youtubeで『五十音』の無料動画がたくさんあるので、一例を紹介します。

五十音【ふりがな付き】

HP上では横書きのみになってしまうので、縦書き版はこちらダウンロードしてください。

【五十音】縦書き・フリガナ付


水馬赤いな。ア、イ、ウ、エ、オ。

あめんぼ あかいな。あ、い、う、え、お。


浮藻に子蝦もおよいでる。

うきもに こえびも およいでる


柿の木、栗の木。カ、キ、ク、ケ、コ。

かきのき、くりのき。 か、き、く、け、こ。


啄木鳥こつこつ、枯れけやき。

きつつき こつこつ、かれけやき。


大角豆に酸をかけ、サ、シ、ス、セ、ソ。

ささげに すをかけ、さ、し、す、せ、そ。


その魚浅瀬で刺しました。

そのうお あさせで さしました。


立ちましょ、喇叭で、タ、チ、ツ、テ、ト。

たちましょ、らっぱで、た、ち、つ、て、と


トテトテタッタと飛び立った。

とてとて たったと とびたった。


蛞蝓のろのろ、ナ、ニ、ヌ、ネ、ノ。

なめくじ のろのろ、な、に、ぬ、ね、の。


納戸にぬめって、なにねばる。

なんどに ぬめって、なにねばる。


鳩ぽっぽ、ほろほろ。ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ。

はとぽっぽ、ほろほろ。は、ひ、ふ、へ、ほ。


日向のお部屋にや笛を吹く。

ひなたの おへやにゃ ふえをふく。


蝸牛、螺旋巻、マ、ミ、ム、メ、モ。

まいまい、ねじまき、ま、み、む、め、も。


梅の実落ちても見もしまい。

うめのみ おちても みもしまい。


焼栗、ゆで栗。ヤ、イ、ユ、エ、ヨ。

やきぐり、ゆでぐり、や、い、ゆ、え、よ。


山田に灯のつく宵の家。

やまだに ひのつく よいのいえ。


雷鳥は寒かろ、ラ、リ、ル、レ、ロ。

らいちょうは さむかろ、ら、り、る、れ、ろ。


蓮花が咲いたら、瑠璃の鳥。

れんげが さいたら、るりのとり。


わい、わい、わっしょい。ワ、ヰ、ウ、ヱ、ヲ。

わい、わい、わっしょい。わ、い、う、え、を。


植木屋、井戸換へ、お祭りだ。

うえきや、いどがえ、おまつりだ。