お金が無い人でもできる!声優志望者ができるコト

声優を目指して日々努力される方がいらっしゃいますが、環境や経済状況は人によって違います。抜群の歌唱力や声質を持っていても、お金に余裕が無い場合はあるでしょう。そのときには、なるべくお金に負担をかけない様にして練習や経験を積んで行きましょう。

発声練習は誰にでも出来ます

普段からよく人とお話をする方や、大きな声で会話する男性は発音がしっかりしているところが目立つのです。

個人差はありますが無口な方は発音に癖があったり、上手く話せないなどの傾向が残念だと思います。会話自体にお金は必要無いですから、積極的に人と話して欲しいです。

声優の発声教材

言葉遣いに気をつけるだけでも憧れの声優に一歩近づきます

なぜかと言うと、彼らは口からセリフを出す時にイントネーションや言葉の出し方に神経を使うからです。

発音にも牽制(けんせい)が入ると考えて物事を口で発しますから、自ずと言葉遣いも良くなります。逆の視点で考えると、一般の人が普段の会話を考えながらイントネーションや発音、単語の使い方を意識すると良いです。自然な自主訓練(発声練習)になるのはお勧めしたいポイントになります。

カラオケボックスを使うのも一つのやり方です

そこでならマイクを用いて、大きな声で歌えるのが大きな利点です。

先ずはがむしゃらでも良いので、叫ぶような感じや八つ当たりする感覚で「とにかく大きな声を出す事」に専念しましょう。言いたい事を口から吐き出すのも良いです。そうすれば心の毒が抜き出されてすっきりします。自然に自分にポジティブな目で見るようになり、自発的に声優になるイメージングを始めるでしょう。

カラオケボックスは二時間ぐらいの利用なら大してお金もかかりません。

音声録音する

話し上手でコミュニケーションも円滑になってきたら、今度は自分を客観視して下さい。ボイスレコーダーや携帯電話に付いている音声録音機を使って、どんな喋り方をするかチェックすべきです。実際に本人の耳から自分の声を聞くのと、録音して再生した声は全く違う場合があります。

そして早口なのか、スローな口調であるか自己分析してみましょう。お金をかけたくないなら自力で頑張る必要があり、客観視は無視できません。独自のセルフトレーニングが声優になる為の一歩になるでしょう。

最後に

可能な限り、リスクが低めな領域から練習していけば、自然と自信が身について恥ずかしい感情も消えるはずです。