意志と気力は違う!気力を上げる方法

意志と気力は違うものです。夢のようなものはやるぞという意志につながる事になりますが、それが具体的なエネルギーとして運動や勉強になるのが気力ということになります。

どれだけ固い意志があろうともこの気力が充実していなければ、せっかくの「声優になりたい!」という強い意志も無駄になってしまう事もあるという事は知っておかなければならないでしょう。

食事

気力を上げる方法はある意味では単純ですが、食事をしっかりと食べてよく眠るという事をすると良いかも。

ここで大切な事は美味しく食べるという事であって食事を楽しむことも必要になるという事です。単に食事をしているというだけの事では無く、しっかりと噛んで味わって食べる事で、満足感を得ると共にやる気の充電も出来るようになるという事。昔から腹が減っては戦が出来ぬという言葉がありますが、その通りで戦をするためにはしっかりと食べて充電をするという事も必要になるという事です。

運動

そして運動をするという事でこれが充実感につながるという事もあります。これは単に肉体的なものだけではなく神経の働きも正常にするという事があるので運動には大きな意味があるという事になるわけです。

何もしないでただ寝ていては、どんな気力も湧かないという事を感じる人もいるでしょう。これは運動という刺激がないので肉体的にも精神的にも刺激が無く充実感を味わうことが出来ないので、やる気が出てこなくなるという事が考えられます。人はある意味では感情で動くところも多くあって、刺激がなければそれで満足をしてしまって何も求めなくなるという事も考えられるという事です。

運動をすることである種の快感を覚えることが出来るようになり、そうした快感を再び得たいという衝動が気力になってやる気を高くしていく事が出来るようになるという事が考えられるというわけです。

人はある意味では刺激を求め続けることが出来るという事が言えるのかもしれません。それも本人が求めればという条件がついていて、それを求めないでじっとしていると気力も無くなってしまって、そのままで良いという考え方に支配されることになるという事があります。

睡眠

後は良く寝るという事も大切です、ここで言う寝るというのは上記のやる気がない状態で寝るというのではなく、肉体的にも精神的にも疲れた状態でぐっすりと眠るという事を意味しています。

つまり休息をとるという意味での睡眠であって、やる気がない状態で眠るという意味ではないところが大切です、寝てからまたやるぞという意気込みがあってよいのです。

人は寝ないで動き続けるという事は絶対に出来ません。

必ず体を休めるという休息が必要で、この時間を使って体は様々な事をしているという事が分かっています。肉体的には筋肉を作ったり、細胞を作成したりという事をしているようですし、記憶装置は記憶の整理という事をしていて、この寝ている時間がある事で考えがまとめられるという事もある事が分かっています。そして何よりぐっすり眠ると爽快感を感じる事が出来るぐらいに翌朝に気持ちよく起きることが出来るという事があります。

体調管理という点でも健康的に暮らすことが出来るかどうかはこの眠る事と深く関係してくることになるので、眠るという事はとても大切でぐっすりと眠る事を心掛けるようにすべきでしょう。

その為には、眠る環境というのも大切です、部屋は暗くして明かりが無い状態が理想ですし、体には出来るだけ負荷がかからないようにリラックスできる状態にしておく事が大切になります。そして、心配事などしないで何も考えずに眠りに落ちるというのが理想だと言えるでしょう。質の良い睡眠であれば時間は重要ではなく、深い眠りをすることが出来れば翌朝気持ちよく起きることが出来るようになります。