アミューズメントメディア総合学院・東京校の学費に対しての評判は?

アミューズメントメディア総合学院(AMG)はグループ校として、東京と大阪に2校ありますが、それぞれ運営形態が異なります。

・東京校(アミューズメントメディア総合学院):無認可スクール。
・大阪校(大阪アミューズメントメディア専門学校):2016年4月から専修学校化。大阪府に設置した学校法人・吉田学園が運営。

アミューズメントメディア総合学院・東京校の特徴

アミューズメントメディア総合学院・東京校は、ゲーム、CG、アニメ、漫画、小説・ノベルズ、声優など、エンタテインメントに特化した学校として1993年に設立され、産学共同でコンテンツ製作も積極的にしているスクールです。

代アニと同様の無認可校ではありますが、カリキュラムを専門学校のようにお役所へ裁可を頂いて変更するのではなく、時代に合わせたカリキュラムを変更できるなど、自由度があるのが特徴です。

エンタテインメント業界は変化が激しいので、すぐにカリキュラムに取り入れることができるのは、アミューズメントメディア総合学院・東京校にとって強みといえるでしょう。

ゲーム・アニメ関連

ゲームプログラマー学科・ゲームプランナー学科、アニメ・ゲーム3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科と専門家になるために必要なコースが豊富です。

また、『玉之丞のおでかけ』、『人狼ゲーム』などのゲームをアミューズメントメディアで企画・製作・販売まで行っていますので、単なる勉強ではなく、より仕事に近い形で学ぶことができるのが特徴です。

シナリオ関連

小説・シナリオ学科

声優

アミューズメントメディア総合学院の声優科の卒業生として有名な出身声優は、 柿原徹也(前:81プロデュース所属)、羽多野渉(81プロデュース所属)、赤羽根健治(青二プロダクション所属)、前野智昭(アーツビジョン所属)、河西健吾さん(前:オフィス薫所属)、落合福嗣さん(青二プロダクション所属)などです。

直接事務所へ所属するのではなく、有名な養成所へ入所するため基礎力をつける予備校みたいな感じになっています。

卒業生の実績を見る限り、東京にあるアミューズメントメディア総合学院の方が、多くの声優を輩出しているようです。

AMG独自の実力判定オーディション

AMG独自の実力判定オーディションは、夏休み期間に開催されます。

オーディション内容は、自己PR、ナレーションとセリフ課題を選んでの実技、面談です。実力判定の結果は、後日郵送で届くそうです。

最後に

実際にアミューズメントメディア総合学院・東京校で学んだ卒業生の声として、授業だけでは得ることができない様々な実践を積むことが大きな力となったといった声が目立っています。

それこそがアミューズメントメディア総合学院・東京校がモットーとする「産学共同・現場実践教育」の実践教育であり、卒業後に即戦力として活動するために重要な教育といえます。実績や経験が豊富な講師陣が揃っている点も高く評価されており、現場を知っているからこそ伝えることができるスキルや知識を、余すところなく学生たちへ教えることに情熱を注いでいます。

・アミューズメントメディア総合学院・東京校の住所:〒150-0011 東京都渋谷区東2-29-8

アミューズメントメディア総合学院の資料
※同封される資料は、随時最新のものに変更されます。

  • アミューズメントメディア総合学院 東京・恵比寿パンフレット(52ページ)
  • アミューズメントメディア総合学院 東京・恵比寿~募集要項(14ページ)
  • 声優学科パンフレット(36ページ)
  • 入学願書など(3枚)

ネットでさっと見るより、手元で紙の資料をじっくり読むと、「感じ取ることができる」情報は格段に多くなりますよ(親に相談するときに必須ですね)。

DMは届きます。

まだ資料請求をしていないならコチラ