声優活動をしながらできるおすすめバイト3選

残念ですけれど、あなたが晴れて声優デビューを果たしたとしても、すぐに声優のお仕事だけで食べていけるほど、この業界は甘くありません。これは、タレント全般にいえることです。

アニメのレギュラーを何本も取ったり、イベントに呼ばれたりと、売れっ子声優(一般の人に有名であるかどうかは別として)になるまでは、アルバイトをしながら声優活動をつづける人がほとんどです。

でも、アルバイトをしていたら肝心の声優の仕事ができなくなるんじゃない? という心配がありますよね。そこで今回、声優活動に支障をきたさず続けられるアルバイトをご紹介します!

声優が選びたいバイトの条件って?

まず、声優をしながらでも続けられるアルバイトの条件を見ていきましょう。

シフトや働く時間に融通が利く
毎日何時から何時まで、と勤務時間が決まっているような職場ですと、声優業との両立は難しいです。
レギュラーでも収録はギリギリまで決まらないこともありますし、急な仕事がポンと入ることもあります。
収録時間と重ならない
日中はなるべく自由が利く方が良いでしょう。
早朝バイトや深夜バイトの掛け持ちをしている芸能関係の人が多いのは、このためです。
急に休みやすい
上述したように、急な依頼が入ることがあります。
それに対応するために、シフトが入っていたとしても休めるようなバイトが理想です。
仕事中に携帯電話に出ることができる
プロダクションやクライアントからの連絡に、すぐに対応できた方が良いからです。
時給が良い
時給が低いと、それだけたくさんの時間働かなくてはなりません。
高時給であれば少ない時間で稼げるので、声優業に充てる時間が多くなります。
場所が遠くない
場所が遠くない
→勤務地が遠いと通うだけで大変です。収録に行くまでの時間が掛かりすぎてしまうと、一日でこなせる仕事量も少なくなってしまいます。

おすすめアルバイト

コールセンター

以上の条件を鑑みて、続けやすいのはコールセンターです。

コールセンターでのオペレーターの仕事は大きく分けて2種類あり、1つは「インバウンド」という電話を受ける仕事、もう1つは「アウトバウンド」という電話をかける仕事です。

「インバウンド」は、製品やサービスの注文受付、利用方法やサービス内容についての問い合わせ対応などです。クレーム対応などもすることがあります。

「アウトバウンド」は、新商品や新サービスの案内といった営業電話や、市場調査のためのアンケート電話をかけたりします。電話業務は表情の見えない相手とのやり取りですから、言葉や雰囲気から相手の意図をくみ取る必要がありますし、正しい言葉遣いや相手に合わせた臨機応変な対応が必要になります。

声のお仕事である声優にとっては、トークの練習になりますし、声だけで感情を表現する良い練習になります。コミュニケーション能力も上がります。

コールセンターにはたくさんの人が働いていますので、急に休まなければならない場合も休みやすいという面があります。

特にアウトバウンドの場合は、営業成績によってシフトが優遇されたりします。ノルマがあると大変ですが、がんばればそれだけ時間に融通が利くようになるということですね(契約まで行くと、+●万円というボーナスが出るところもあるそうです)。

また、自分の出勤できるときに行けばいい、というような、シフトが他人に左右されないところもありますので、本業がある人には都合がいいです。さらに、コールセンターの多くは高時給ですし、アウトバウンドの場合営業成績が良ければ時給が上がっていくこともあります。

クラウドソーシング系

いわゆる「在宅ワーク」です。もっとも有利な点は、自宅で仕事ができる、空き時間に仕事ができるという点です。交通費も通勤時間もゼロというのは、他にはない魅力です。

仕事内容はさまざまで、コラムの執筆やweb関係(バナー作成やホームページ作成など)、データ入力など。雇用形態もさまざまで、時給の場合もあるようですが、多くはやったらやっただけ収入になるという仕組みです。

専門的なスキルが必要でない案件は単価が安いですが、隙間時間にできるので、効率は良いです。

これだけやっていてもたくさんは稼げませんので、登録をしておいて、できるときにやるという副業の副業のようなイメージで行うといいと思います。

早朝バイト(カフェ、コンビニ、カラオケなど)

早朝バイトの一番のおすすめポイントは、収録時間と重ならないというところです

朝から収録するところはありませんし、イベントなど集合時間が早朝になる場合などは事前にスケジュールが決まっているので、あらかじめ休みをとっておくことができます。

早朝ですと時給が割り増しになる場合もありますので、同じ時間・同じ内容でも日中働くよりも多く稼げます。お客さんもそう多くありませんし、深夜バイトとちがって酔っぱらいに絡まれる心配もありません。

収録時間と重ならなかったり時給の割り増しがあったりするのは深夜バイトも同じですが、深夜の仕事が続くと体が疲れやすいので、あまりおすすめはできません。深夜バイトのために体調を崩して、本業の声優の仕事がこなせなかったら元も子もありませんから。

最後に

声優を続けるためにアルバイトは不可欠といっても過言ではありませんが、あくまで副業。

アルバイトのシフトに振り回されることなく、うまく両立して、売れっ子声優を目指してくださいね!