新人で声優デビューするときに、憧れの先輩声優と同じVIMS(ヴィムス)に所属していたいなら、関連養成所の日ナレ(日本ナレーション演技研究所)へ通い、養成所内オーディションに合格しなければなりません。

新人でVIMS(ヴィムス)に所属するには?

新人であれば付属の養成所である日ナレに入所し、所内オーディションを経た上で所属声優に選ばれる道が、ほぼ100%に近いからです。

もちろん、VIMS(ヴィムス)も日ナレ以外からも新人を獲得する可能性はあります。

ただ、業界大手のアーツ系の事務所を目指す新人が多いこともあり、付属養成所である日ナレには養成所在学中から所属が決まるような若くて才能溢れる逸材が豊富です。

なので、VIMS(ヴィムス)を目指しているのであれば、他の専門学校やスクールなどを経て回り道をするよりもストレートに日ナレへ入所した方が良いということになります。

そもそも、事務所所属できる声優は限られてきますし、どちらかというと若手が所属し活躍している印象のあるVIMS(ヴィムス)ですからね。

VIMS(ヴィムス)所属するための事務所オーディションについて

毎年、年が明けた第2週目ぐらいに行われる日ナレ内での『進級審査』とかねて、VIMS(ヴィムス)を含めたプロダクション審査が行われます。対象は、日ナレの全養成所生です。

対外オーディション

主にアーツビジョンから移籍していますが、他の養成所卒を対象にした所属オーディションはVIMS(ヴィムス)にはないはずです。

生え抜きの新人さんは、どなたも日ナレ出身者ですね。

最後に

VIMS(ヴィムス)を目指していても、あくまで選ぶのは事務所関係者です。

選考基準として、他人にはない魅力的な声質は変わりませんが、容姿など時代によっても求められている声優像は変わりますので、具体的な方法はありません。

ただ、VIMS(ヴィムス)生え抜きで活躍されている山本希望さんなどの声優が、どの養成所から採用されているのかを見れば、自ずと進むべき道は見えてくるのではないでしょうか?

⇒ まだ資料請求をしていないならコチラ