声優オーディションの合格率が上がる、魔法の服装なんてありません。

ただ、アイドル売りもあるので声優以外のイベントやキャラソンなども予定しているアニメですと、配役オーディションの服装の重要性は増すことでしょう。

オーディションで好印象を残す服装ポイント

自分の持っている実力を発揮することが大事なのは言うまでもないのですが、声優オーディションではそれ以外にもその人の人間性が見られるものなので、それが分かりやすい形で表れる服装にも十分気を付けることが必要です。

清潔感がある服装を選ぶ

声優オーディションの服装で気を付けたいこととしてまず挙げられるのは、清潔感がある服装を選ぶということです。背伸びしても仕方がない、等身大の自分で勝負しようと考えて普段と同じ服を着て行ったり、自分なりの個性を発揮したいという思いから、奇抜な服を選ぶ人もいるかも知れません。

しかし、審査する人はそう長くない時間でその人の特徴を掴まなければならないので、それほど深くその人が着ているものの意味を考えることはまずないと言えるでしょう。自分なりのこだわりで選んだ服装によって、社会人としての常識がないと思われてしまうなど、逆にマイナスイメージを与える恐れがあることは知っておくべきです。

やはり、パッと見で良いイメージを持ってもらいやすいように、特におしゃれでなくても清潔感があるものを着て行くのが無難だと言えるのです。

また、例え清潔感を感じさせるものであっても、あまりデザインや装飾が派手でないシンプルなものを選ぶ方が、審査する人に受けが良くなる可能性が高くなると思われます。

音が出ない服装を選ぶ

次に挙げる気を付けたいことは、生地がこすれて音が出たりしないような服を選ぶことです。

このことは、スタジオ内で余計な音を立てるのがご法度な声優という職業には特に大事なこととなります。自分が立てる音について配慮ができないようでは、声優になるための適性に疑問符を付けられてしまう恐れがあるのです。

服自体は音がしなくても、アクセサリーなどで音が出てしまっては同じことなので、そうならないように注意しておくことも必要です。

動きやすい服装を選ぶ

最後に挙げられる服装で気を付けたいことは、動きやすい服装を選ぶことです。

声優オーディションでは声で演技をするだけではなく、動きを伴う演技をするよう求められることもあり得るので、そこでしっかりと実力を見せられるようにするためです。