声優になるには高学歴の方が有利なの?

声優になるのに学歴というのは関係はありません。高学歴である事に意味無いと考えても良いでしょう。

高学歴であれば信用性が高くなるという傾向が無いわけではありませんし、学歴が良いという事はあこがれられやすいという事が全くないというわけではありませんから、全く考慮されないわけでも無いという事はあるかもしれません。

高学歴が与える印象の良さ

こうした事は仕事して実績を積めばすぐに信用されるようになりますから、関係ないといえば関係ないのですが、全く他の条件が同じ人がいるというような時に選考材料とされる事が無いとは言い切れないという事があります。

高学歴だという事は、その事が頑張って勉強をして来たという事を証明しているようなものですから、信用しやすいという印象を与える事になるというわけです。

声優は声を武器に仕事をするわけですが、仕事という事で考えれば契約を守るという事を求められることになります。

これがよく分かっていない人もいるのですが、契約を守るという事は人と協調するという事も含まれることになるはず

声優の仕事は他の声優と同じ時間に集まって、声の録音をしてというような事をする事が当然のようにありますから、これに遅刻をしたり、すっぽかしたりするような人では次の仕事は来なくなります。そんな事があるのかという事をイメージする人も居るかもしれませんが、マナーがない人の場合はこれを平気でする人も居るわけです。

集団行動が出来ないというような事が分かれば、たちどころに仕事は無くなると考えてもいいでしょう。ですから、そうした集団社会での適応性というような事も問われる事もあるという事です。

高学歴の人ほどマナーが良いという事が言えるわけではありませんが、学歴があるということは少なくともそうした社会に適応しやすいという事がある程度証明されていると考えても良いでしょう。

高学歴よりも大切なこと

マナーの良い不良がいないわけではありませんが、マナーが悪いというのはまず最初に仕事が来なくなる一番の要因という事になります。

何しろ決められた事を守る事が出来ないわけですから、仕事をする相手として真っ先に遠慮される相手ということになり、そのような事が発覚すればどんなに素晴らしい声の持ち主でも何も依頼は来ることは無いです。

ですから声優になるのに高学歴である必要性はありませんが、最低限の社会的なルールを守る事が出来るという事は、当たり前の条件という事になるはずです。