声優の収入ってどれくらいだと思いますか?

知っているかもしれませんね

駆け出しの新人から、大ベテランの大御所まで、

声優の収入は非常に振り幅が大きく、

年収数万円(・・・下手すると数千円)から数千万円まで差があるんです。

1本当たりの単価は?

声優のギャラはアニメ・外画の場合、

1本当たりの単価がランクで決められています。

 

新人声優で最低ランクの場合、だいたい1本10,000~15,000円くらい。

どんなに売れっ子で主役でセリフがたくさんあっても、

端役でセリフがひとことしかなくても同じ。

1本の金額がランクで決まっているんです。

事務所の取り分は?

そしてこれが全て自分の懐に入るわけではありません。

ここから所属している事務所にマネージメント料を引かれます。

だいたい10~25%、多くても30%くらいでしょうか。

そして更に源泉徴収が引かれます。

源泉徴収は10%です。

 

ですので、最終的に自分の懐に入ってくる金額は、

ランクで決めたれた単価の2/3くらいになってしまうのです。

 

具体的に計算してみましょう。

 

A事務所に所属し、マネジメント料が20%

まだまだ最低ランクなので単価が1本15,000円だったとします。

 

レギュラーが決まれば、毎週収録がありますので、月に4回と考えて15000円×4回=60,000円

そこからまずマネジメント料で20%引かれますから、

60000円×80%=48000円

さらにそこから源泉徴収が引かれますから

48000×90%=43200円

1月50,000円以下の収入。

これだけではとても暮らしていくことが出来ませんね。

じゃぁ、もっとレギュラーが増えればいいんじゃないの!?

と思うかもしれませんが、レギュラーを1本取るのも本当に大変なことなのです。そしてレギュラーだからといって、毎回出番があるわけでもありません。今回は出番がないのでお休みといったこともあるのです。お休みの回はもちろん呼ばれませんのでギャラはもらえませんよね。

ゼロ円です。

このため多くの声優はアルバイトを掛け持ちして生活しています。

アルバイトでも時給900円くらいは稼げるでしょう。1日に7時間、声優の仕事が無い週5日働いたとしたら900円×7時間×20日で126000円。10万円以上は稼げそうですよね。

最後に

声優業で稼いでいるお金よりも、アルバイトで稼いでるお金の方が多い。そのうちどっちが本業かわからなくなって・・・という人もいます。

また、一時期メジャーな役が決まり、声優として売れっ子になれたとしても、その後、一生ずっと声優をやっていける、確実に声優業で食べていけるという保証は誰もしてくれません。

声優として一時期は大活躍していたものの、その後仕事の量が激減して声優業では食べていけなくなって、またアルバイトを始めた・・・なんて話もよく聞くものです。

まだ具体的な学校の候補も挙がっていない方へ

声優学校を選ぶときに注意すべき点