アニメでもナレーターでも、映画のアフレコでも、声優は大概標準語で話しています。なかにはキャラを際立たせる為あえて大阪弁というような場合もありますが、これは声優の言葉遣いがもともと大阪弁だからそうなったというものではもちろん有りません。必要性があって、あえて訛りを入れているのです。声優としては標準語のアクセントを完璧にマスターしておくのが大切、声優としてお仕事をもらう為の基本中の基本スキルです。

標準語って、東京辺りの言葉?でも横浜は東京に近いけど「~じゃん」って言うよねえ、あれって浜っ子言葉でしょう?と疑問がわく方もいらっしゃるでしょう。本当の標準語はどの辺りの言葉なのか?この正解は地域性ではなく、話している人で見極めるのが良いと思います。

現在の日本でもっともキレイに標準語を話すのは、NHKの報道アナウンサーです。同じNHKでも地方局でその地方向けの情報番組などを担当している方のしゃべっている言葉は訛りがある可能性があります。

これは、情報番組のアナウンサーが訛っているという事ではありませんよ。彼らもプロのアナウンサー、標準語は完全にマスターしています。ですが情報番組という番組の性格上、お茶の間受けを良くするため、視聴者の親しみやすい話し方に併せているんです。あえて訛りを取り入れた話し方をしているという事です。

それに対してNHKの報道アナウンサーが話している言葉は、日本人なら誰もが理解できる完全な標準語。あれがスタンダードです。標準語を身に着けたいと思うなら、一日1回はNHKのニュースを見るのがオススメです。

なぜ標準語で話す必要があるの?

標準語で話すとどんないいことがあるのか、なぜ声優の仕事のほとんどは標準語で話さなくてはならないものなのか。それには理由があります。

標準語というのは誰が聞いても誤解なく理解できる言葉だから、です。放送するもの・演じるものは言葉の意味を一瞬で理解してもらう必要があります。相手がいて会話しているなら、言葉の意味が分からない部分があってもその場で確認できますよね。ですが放送されているものはそうは行きません。解説なくどんどん話は先に流れていきますから、意味が分からない部分に引っかかって考え込んでいるうちにすっかり話全体が分からなくなってしまいます。

こうならない為に、考えなくても即座に理解できる標準語で話す事が多くの場合に求められるのです。

声優のお仕事をもらえるようになって、台本を見てもアクセントは書かれていません。この時に声優が標準語のアクセントを身に着けていないと、仕事に差し支えてしまいます。いちいちアクセントを直されるようでは次回の仕事はもらえませんよね。それにアクセントは急に直せるものではありません。とっさに出てくるものではないから、仕事をもらえるようになるまでに、標準語をマスターしましょう。

標準語をマスターするにはどうしたらいいの?訛りの直し方ってあるの?

標準語の習得にはその言葉を話す地域に身を置くのが一番です。東北出身者の多くは、実家では訛りのある言葉を話しますが、大学進学で東京に出てきたとなると、早々に標準語で話せるようになる人が多いです。これは周囲がみな標準語であり、自分もニュースなどで標準語を聞いているから。耳から入った言葉を理解はできるので、それを真似て話す事で標準語を習得しやすいのです。もう一つ、自分が訛りのある状態でそのまま話しても誰も理解してくれないから仕方ない、という部分もあります。

声優を目指す為声優養成所や専門学校に入るという場合、地方出身者ならばそれを機に首都圏に居を移すと一気に標準語が話せるようになるでしょう。おおまかにはこれで問題なく修正できると思います。

より精度の高い標準語のアクセントを身に着ける為には、先にはなしたNHKのニュースを視聴することがオススメです。自宅で「ながら式」で聞き流すだけでも良いので、一日一度は聞くようにしたほうがいいでしょう。より聴覚を研ぎ澄ますという意味で、TVのニュースよりラジオのニュースのほうがもっといいかもしれませんね。目で得る情報がない分、聞く事に集中するので話し方により注意が向きやすいと思います。

声優を目指すなら、必携の辞典が「アクセント辞典」。これは書店で普通の辞書と同じような形状のものを買う事もできるし、アマゾンなどの通販でも手に入ります。NHK監修のものがあるので、これだとNHKの報道の場で使われているアクセントを自分で調べる事が可能です。

このアクセント辞典、アプリ版もあるんです。収録語数が若干違うようですが、アプリ版ならNHKアナウンサーが実際話している音声が聞けます。これなら訛りが気になる言葉の正しいアクセントをすぐに確認できますね。

※関連記事:おすすめの日本語アクセント辞典とそれぞれの特徴、選び方

まとめ

英語を始めて習ったとき、最初は戸惑いが大きくすぐには話せませんでしたよね。でも、だんだん慣れて発音もできるようになるし、ごく簡単な英語なら聞き取る事ができるようになりました。

標準語のアクセント習得も同じようなもので、「直そう!」と決心したからすぐに直るものではありません。聞きなれ、話しなれてだんだん自分のものになるのです。声優を目指す方はすぐにも標準語の練習を始めたほうがいいでしょう。自分では気づいていない訛りというのもありますから、首都圏在住の方も油断は禁物ですよ。