talk backは、声優事務所ケンユウオフィスに付属している養成所で、東京と大阪にレッスン場を設けています。

ケンユウオフィスの特徴

2002年に声優の堀内賢雄さんが、ぷろだくしょんバオバブから独立して設立した事務所です。ドラえもんのジャイアン役で有名だった故・たてかべ和也さんが代表を務められていたことでも知られていましたね。

現在、堀内賢雄、高梁碧(元 アクセント)、河原木志穂(元 voicegarage)、山中真尋(元 オフィス薫)、松本さち(元 アーツビジョン)などが所属していますが、キャスティングでは目立たないので中堅事務所といった感じです。

声優事務所に入れば、どんなジャンルでも仕事があると思ったら大間違い。

ごく一部ですが、そんな制作現場との関係事務所・営業さんの力量も垣間見える、メジャーな仕事の出演数ランキングです。

洋画吹き替え出演数@声優事務所ランキング

アニメ出演数@声優事務所ランキング

スマホゲーム出演数@声優事務所ランキング

ケンユウオフィス養成所talk backの特徴

もともとは、ぷろだくしょんバオバブに在籍していたときに堀内賢雄さん個人で主催していた声優ワークショップ「talk back」が母体です。なので、他の事務所とは異なり、事務所設立前から育成を行っていたので、変な感じがするかもしれませんね。

talk back養成所卒業生として、石田嘉代・戸田めぐみ・近藤唯などが活躍されていますし、品田美穂(現 フリー)・高橋渉(現 スワロウ)など他事務所でも活躍されている方は多いです。

本当にプロとしてやっていける実力があると判定されれば、そのままケンユウオフィス所属の役者ということでプロデビューすることも夢ではありません。talk backは、声優になるという夢を本気で実現することができる養成所なのです。

また、リトライ科では他で目が出なかった声優の卵も再挑戦チャンスを提供されていますから、声優になる夢をあきらめられない方は受けてみるのも良いかもしれません。

レッスンの流れ

カリキュラムの流れをもう少し具体的に言うと、まず入所希望者は入所試験を受け、それに合格すれば本科生ということでレッスンがスタートします。本科の生徒数は総勢75名で、1クラス25名で3クラスに分かれます。受講は平日コースでは週2回で、1回の受講が2時間となっています。

平日に受講するのが無理という人もいるかもしれません。そういう方のためには土日コースが設けられており、このコースでは平日週2回で行っている内容を1日で受講することが可能となります。平日は仕事で忙しかったりダブルスクールで学んでいる人などは、この土日クラスは重宝するでしょう。また、オプションコースというのも設けられており、これは週4時間だけのレッスンでは足りない人に対して、追加でレッスンを行うものです。毎月テーマが変わり、自分の受けたいものを受けることができるでしょう。

本科を修了すると進級審査があり、見事合格すれば研修科に進むことができます。本科では声優としての基礎的な内容の授業が多いですが、研修科では声優としてだけではなく、様々なジャンルで演技が通用するための総合的な力を養成していくことになります。研修科を修了すれば卒業ということになりますが、預かり生へのオーディションを受ける権利を得られます。

預かり生は、ケンユウオフィスのマネジメントを受けプロとしてデビューする道が開かれていきますし、より高度なレッスンを受けることもできるようになります。さらに預かり生の中で、事務所が本当にプロ声優になってやっていけると判断した方は、ケンユウオフィス所属の役者になることができ、活躍の場がどんどん広がります。

最後に

このようにtalk backは、やる気と才能があれば、プロの声優として育て上げてくれる素晴らしい養成 所ですが、いきなり入所するのが不安ならば、まずは学校見学に訪れるといいでしょう。見学は無料でできますし、校内の雰囲気がよく分かりますよ。

http://kenyu-office.com/talkback/